アウターの検索結果72アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! 中に着こめば長ーーい季節着られてコスパよし!そのうえオシャレに見える ゆるシルエットコート <ベージュ>の商品写真

重ね着も袖コンシャスもおまかせ!ゆるシルエットが自慢のコートです。

肌寒い日の重ね着も、フレアースリーブやバルーンスリーブなどの袖コンシャスな服も、気にせず包み込んでくれるコートができました。 <デザイン>ドロップショルダー&袖部分はゆったり余裕があるので、さりげなく身体を華奢に見せてくれます。ノーカラーの上品な雰囲気にビッグシルエット&背中にボリュームのあるデザインで今っぽさをプラス。袖口は広めに折り返したデザインなので、多少の調節ができ、自分サイズにできるのがうれしいポイントです。共布のくるみボタンがシックで上品です。 <素材>シルエットがきれいに出る、張りのあるコットン素材を使用しています。 <着こなし>ボタンを留めずにパッと羽織るだけで様になるので、ラフに着られます。ニットの季節にも、ブラウスの季節にも、長ーーく着られてとっても便利。カジュアルなデニムスタイルにも、きれいめのワンピースに羽織るのにもぴったりなので、登場回数が多くなること間違いなしの一着です。

☆
haco! ブラウス感覚で着られるふんわりギャザー羽織り <ブラック>の商品写真

Tシャツ1枚になる前にちょっと羽織れるものがあるとベンリです。

日中の陽射しが増してきてあったかくなって来た頃、よく抱いてしまう悩みといえば、長袖なのか半袖なのか問題。「今日はTシャツを1枚で着ても良い頃なのか?いやまだ長袖を着るべきか?昨日の夜はちょっと肌寒かったし・・・」と、季節の変わり目はコーディネートも悩んでしまいます。そんなとき、とりあえずこれを持っていけば大丈夫!な羽織りができました! <デザイン>さも長袖ブラウスをもともと着てましたくらいの感覚で着られる羽織り。ゆったりとした身幅で、切り替え部分にはたっぷりギャザーでふんわりとボリュームを出していますが、着心地はとっても軽く、暑くなって脱いだ時も荷物が重くならず邪魔になりにくいです。袖口はギャザーゴム、フロントは1ヶ所を紐で結ぶだけの楽ちん仕様。フェミニンな印象で、羽織るだけでコーディネートがぱっと華やかになります。朝晩の気温差がある季節や、薄着になりたいけどちょっと調節できる方がうれしいな・・・の気持ちの日にピッタリの1枚です。 <素材>綿100%でさらっと軽やかなさわり心地がきもちいい素材です。ギャザーをたっぷり寄せてボリュームを出しても、ふんわりとしたやわらかい印象で、大人っぽいきれいめな表情になります。 <カラー>大人かわいい印象にしてくれる珊瑚のようなこっくりピンク、どんな色とも相性のいいブラックの2色です。

☆
haco! 気軽なのに大人見えするノーカラーゆったりカットソーコート <ブラック>の商品写真

ニットともTシャツとも相性抜群!気軽に羽織れる大人のカットソーアウター

何も考えずさっと頼れるアウターってなんだろう?しかも、どうせなら長く着たい。そんな時にはインに着込むことができて、気軽に脱ぎ着できる、そんなアウターがあるとベンリです。 <デザイン>たっぷりとした身幅のおかげでインに着るものを選ばず、トップスがニットの時もTシャツの時も、何も考えずさっと気軽に羽織ることができてベンリです。大きめシルエットだけど、デザインはシンプルに仕上げているので、どんなコーデも合わせやすい。そしてカットソーだからのびやかで疲れにくい!!ゆるっとリラックスした気持ちで着られて使いやすく、とりあえず今日はコレ!あ、いや昨日もコレか!まぁいいか!といった現象が起こる、毎日頼りたくなりそうなアウターです。 <素材>ストレッチ性に富んだ、ほどよい落ち感でしなやかなカットソーのポンチ素材。目の詰まったきれいな生地で、軽やかに羽織るのにちょうどよい肉厚感です。 <カラー>大人っぽく便利な定番ブラックと、インに着るものがベーシックカラーでも全体を華やかに仕上げてくれるピンクベージュの2色です。

☆
haco! BOLSISTA ブラックライダースジャケット<シングル> <ブラック>の商品写真

初心者にも優しい、そんな革ジャン仕入れました。

女性の中には”革ジャン”が少しハードで、着こなしが難しいイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?意外と慣れてみると、季節の変わり目のアウターとしてベンリだったり、コーディネイトをきゅっと引き締めてくれたり、流行りすたりもそんなにないものなので、1枚自分にあうものを買うと5年はゆうに着続けられる意外とコスパよいものだったりするんですが、なんせイメージが「ハード」なんですよね。もともとメンズから来ているものなので、カッコイイ!が前提なアイテムではあるんです。が、今回仕入れたこちらの革ジャンは、「某セレクトショップで一番人気の型」でもあり、「革ジャン初心者にこそ、おすすめしたい!フェミニンコーデもお任せ革ジャン」です。 <デザイン>ハードだな、と思うデザインをできるだけ削り、シンプルな美しさを優先させました。ノーカラーにすることで、ジャケット感覚でより主張を減らしました。また、斜めに入れたファスナーとサイドからの切り替えがよりスッキリ見せます。ポケットもサイドの切替上に配置することで、無駄のないデザインに。大きめのドットボタンと胸のポケットがのっぺりしない工夫にもなっています。後ろには、きゅっと調節できるベルトもついており、ウエストラインをお好みのシルエットに調整することも可能です。 <素材>肌触りのよさと、着心地のやわらかさに定評のある、羊革にこだわりました。着ているうちに体になじむのでぜひ、育てていってください。 <着こなし>おすすめは、女性らしいワンピやふんわりロングスカートにあわせるコーディネイト。いつものやわらかい着こなしをピリッと引き締めるそんなミックスコーデをお楽しみください。もちろんパンツにも合いますよ!! byMAKORI

☆
haco! BOLSISTA ブラックライダースジャケット<ダブル> <ブラック>の商品写真

ベーシックだけど文句なくかっこいい、そんな革ジャン仕入れました。

みなさん、”革ジャン”はお持ちですか?女性が着るにはちょっぴりハードなイメージがある革ジャンですが、意外と慣れてみると、季節の変わり目のアウターとしてベンリだったり、コーディネイトをきゅっと引き締めてくれたり、流行りすたりもそんなにないものなので、1枚自分にあうものを買うと5年はゆうに着続けられる意外とコスパよいものだったりするんです。そのなかで、メンズアイテムのかっこよさはそのままに、シルエットや着やすさは女性らしく仕上げた1枚を仕入れました。某セレクトショップで安定の指示を得ているデザインのものを仕入れました。 <デザイン>一番ベーシックなダブルの革ジャンのよさはそのままデザインに活かしました。衿についた大きめのドットボタンと、斜めにだいたんに走らせたファスナーや胸もととサイドに入ったポケットもファスナーの引手が目立つ仕様で、本格的です。かっこいいけどきれいに見えるのは、前後ともにはいった切り替えのおかげです。また、細身なのに動きやすい秘密は、背中にこっそり入ったタック。腕周りがうごきやすいようにライダースではよくある仕様ですが、今回に限っては細身だけど動きやすいという女性にも嬉しい仕様になっています。 <素材>肌触りのよさと、着心地のやわらかさに定評のある、羊革にこだわりました。着ているうちに体になじむのでぜひ、育てていってください。 <着こなし>ちょっぴりハードなアウターは、柄のワンピやてろんとしたボトムスなどちょっぴり女性らしいアイテムとも相性ばつぐんです。気軽なアウターとして、ぜひ手持ちの服と合わせてみてください。 byMAKORI

☆
haco! 季節の始まりに早く買って絶対後悔しない、立ち姿が美しいオトナのライナー付きトレンチコートbyMAKORI <ベージュ>の商品写真

寒くなり始めてからではもう遅い!?オオモノほど早く買って減価償却すべきなんです!!

今から夏のセールまっただ中だなんてとっくに知ってる。そして今からもっと暑くなることも知ってる。でも、あえて言いたい、ボーナスが出て一番懐に余裕があるのは今。だから今から2ヶ月感くらいしか着ることができない夏物を買うくらいなら、むこう数ヶ月楽しめる”コート”に目をつけるべし!なんです。それがオトナの賢い買い物。だって、百貨店でも、そういう賢い人向けなのか、先物買いようにセール品の横にもう秋物が登場しているでしょ??そう、オトナのオンナなら、セール品を買うみんなを尻目に、「一足お先にごきげんよう。」と言わんばかりに、”ちょっぴりいいコート”を買う優越感を味わいませんか? <コートとライナー>9月の秋はじめから楽しめるように、トレンチコートとボアのライナーのセットにしました。トレンチコートは、古着の軍モノをイメージして、それを女性らしく落とし込みました。こだわったのは、柔らかい生地と色目。ギリギリきれいめに見えるように、でもばさっと着て決まる形にするために、少しだけ柔らかい素材を選びました。長めの丈も重く見えない、そんなこだわりです。ライナーとして使うときは、内側をボアにしてあったかく。でももちろん、1枚でも楽しめる仕様に。横のスリットが遊び心と「着るだけでなんかおしゃれ!」となるデザインに仕上げました。 <着こなし>なんてたって少しだけ長めの丈。おすすめはベルトをきゅっとウエストで結んで、ちょっぴりブラウジングさせる着方。スカートでもパンツでも決まる長さですので、9月から4月までインを選ばず、迷ったら羽織っておけばOKなコートです。ボアは、デニムやワイドパンツでカジュアルに、あえてのワンピの上に羽織って着崩すも可愛いと思います。 <お値段>なんとかして、税抜き2万円に収まるようギリギリの値付けにこだわりました。ぜひ、今年のいや、3年コートとして着倒してください。3年も着たら、1年あたり1万円以下のお得なアウターですから!! byMAKORI

☆
haco! PBP たなかみさきコラボ AM11:30の整えプリントガウン <ホワイト>の商品写真

昼はせっせと、おそうじおそうじ

思わず胸がきゅうーんっ!となるような、レトロでちょっとセクシーな作風がかわいい、イラストレーターたなかみさきさんとPBPのコラボレーション!部屋で過ごす女の子の様子を描いた、朝・昼・晩、の3部作で販売開始です!<スペシャルテキスタイル>昼間、部屋で掃除機をかけている女の子の様子を描いたイラストを、贅沢にテキスタイルにおこしました。一緒に暮らしている猫や雑多に置かれた本たちにかこまれ、せっせとお掃除中の女の子。たなかみさきさんが描く独特の世界がガウン一面に広がります。 <デザイン>Tシャツなどの上にさっと羽織りやすいふんわりガウン。ウエスト部分でギャザー切替えをしていて、ガウンといえど、とても女の子らしいシルエットです。 <素材>オーガニックコットン100%のブロード素材。たなかみさきさんの描く繊細なイラストを再現してくれる、目の詰まったきれいな面の素材です。さらっとした肌触りです。 【PEACE BY PEACE オーガニックコットン】インド東部、オリッサ州などを中心に生産し、Textile ExchangeやGOTSが定める世界的なオーガニック基準をクリアしています。国際認証機関Control UnionやECOCERTによる厳格な審査を通った、 栽培過程において化学農薬を使用していない、環境や作り手さんの健康に配慮したエコロジーで安心なオーガニックコットンです。商品価格の一部は、「PEACE BY PEACE コットン基金」としてインドにて、綿農家の有機栽培への転換支援やその子どもたちの就学支援などに活用します。

☆
haco! いつものコーデに華やぎを添える ワンピースとしても着られるギンガムライトアウター <ブラック>の商品写真

これ1枚あれば、大丈夫な気がする

Tシャツの上にもさっと羽織れるアウターってなんだ?なにか足りない気分のときにちょうどよくて、「ああコーディネイトがうまくまとまらなーい!」なときに、さっと羽織るだけでかわいさをプラスできるベンリなアウターできました! <デザイン>華やか見えするギンガムチェックのハオリは、ボタンを閉じればワンピースとしても着ることができる、とてもおトクな1枚です。インに着るものにうっかり手を抜いてしまった日でも、ささっとはおればちゃんと見え、旬も押さえたおしゃれなコーディネートの完成です。ベルトできゅっと締める袖口の仕様はコートっぽく、衿はワンピースとしても着られるように小さめにかわいく、ウエスト切り替えから裾に向かってはボリュームたっぷりに広がる、全体的に女の子らしいシルエットにしています。付属の長めのウエストベルトは、リボンとしても使えて着こなしのアレンジを楽しめます。 <素材>ぽこぽことした表面が特徴のサッカー素材で、立体的な風合いが全体のシルエットをふんわりとやわらかい印象にしています。シワになりにくく、かつ、もしシワができてもわかりにくい!柄なので、うっかりくしゃっとしてしまっても、だらしない印象にならずで着ていただけます。軽やかな素材で、長時間の着用や持ち運びにもとっても便利ですよ。 <カラー>ブラック×ホワイトの引き締めカラーが使いやすい、大人ギンガムをセレクトしました。

☆
haco! さっと羽織って甘さ対策 ミリタリーロングアウター <カーキ>の商品写真

甘いアイテムもきりりと大人っぽくまとめてくれるのはカーキ羽織り選手!

どんなコーデも大人っぽカジュアルにうまくまとめてくれる、魔法の色、カーキ。これ1枚羽織るだけで、甘いアイテムも大人っぽくなって、コーデがしゅっときまる、そんな羽織り、できました! <デザイン>甘めのアイテムや素材のかわいらしさを少し大人っぽくまとめたい気持ちにちょうどいい、ミリタリーテイストのロング羽織りです。肩幅にはゆとりを持たせ、身幅をすっきりさせた設定で重たい印象にならないようにしています。ロングの丈感なので、ワンピース、スカート、パンツなどのボトムスとのバランスも取りやすいのです。 <素材>軽やかに羽織るアウターにちょうどいい厚みの綿100%素材。ほどよく密度のある素材を製品洗いした風合いは、着るほどに馴染みが出てきます。重くないので暖かくなってきてからの羽織りとしても頼れます。 <カラー>ミリタリーテイストだとしてもメンズっぽくならず、淡い色との相性がいい明るさのカーキです。

☆
haco! ブラウス感覚で着られるふんわりギャザー羽織り <ピンク>の商品写真

Tシャツ1枚になる前にちょっと羽織れるものがあるとベンリです。

日中の陽射しが増してきてあったかくなって来た頃、よく抱いてしまう悩みといえば、長袖なのか半袖なのか問題。「今日はTシャツを1枚で着ても良い頃なのか?いやまだ長袖を着るべきか?昨日の夜はちょっと肌寒かったし・・・」と、季節の変わり目はコーディネートも悩んでしまいます。そんなとき、とりあえずこれを持っていけば大丈夫!な羽織りができました! <デザイン>さも長袖ブラウスをもともと着てましたくらいの感覚で着られる羽織り。ゆったりとした身幅で、切り替え部分にはたっぷりギャザーでふんわりとボリュームを出していますが、着心地はとっても軽く、暑くなって脱いだ時も荷物が重くならず邪魔になりにくいです。袖口はギャザーゴム、フロントは1ヶ所を紐で結ぶだけの楽ちん仕様。フェミニンな印象で、羽織るだけでコーディネートがぱっと華やかになります。朝晩の気温差がある季節や、薄着になりたいけどちょっと調節できる方がうれしいな・・・の気持ちの日にピッタリの1枚です。 <素材>綿100%でさらっと軽やかなさわり心地がきもちいい素材です。ギャザーをたっぷり寄せてボリュームを出しても、ふんわりとしたやわらかい印象で、大人っぽいきれいめな表情になります。 <カラー>大人かわいい印象にしてくれる珊瑚のようなこっくりピンク、どんな色とも相性のいいブラックの2色です。

☆
haco! 持っていると便利な 野暮ったくならないウエストベルト付きフォーマルジャケット <ブラック>の商品写真

いざというとき、持っていると便利なジャケットです。

普段からジャケットを着なれていないと、手持ちのジャケットはずいぶん昔に買ったものだったり、なんだか着せられている感満載だったり。子どもの学校行事や、仕事の大事な商談のとき、とにかく持っていて安心なパッと着て様になるジャケットが欲しい!急に明日はきちんとした服で来てくださいって言われても困らないような大人でいたい・・・。そんな気持ちで作ったのがこのジャケット。セットアップで着られる同素材のパンツとスカートもご用意してあります。 <デザイン>シンプルなノーカラーに、細いウエストベルトがついたデザイン。ウエストベルトは前でとめても後ろでゆるっととめてもOK。すっきりきれいに、さりげなく女性らしく着こなせます。袖口は伸ばしたままでも折り返しても着られます。 <着こなし>インにきれいめのブラウスを着て、同素材のスカートやパンツとセットアップとして着るとグッとフォーマルな装いになります。ジャケットだけで着るときにはインにカットソーなど、少しカジュアルなものを合わせて、気軽に着るのもオススメです。

☆
haco! ただ羽織るだけでオシャレに見える 気軽なフレアースリーブコート <ベージュ>の商品写真

さらりと羽織れて、オシャレに見える。

部屋着なみに適当な服の上に羽織ってもオシャレに見えるアウターがあったら便利だなぁ。デートやイベント、なんだかんだ外で過ごす日が多くなる季節だからこそ、中身よりもアウターに気合が入るときがある。そんなとき、たとえ中身がTシャツにデニムだったとしても華やかに女っぽく見えるコートが欲しい!というわけでできたのがこちらのコート。 <デザイン>袖口がゴムとギャザーでひらりと広がるフレアースリーブデザインは今の気分にぴったり。後ろ姿はタックでひらりとアクセントに。 <カラー>何とでも合わせやすくて軽やかなベージュをセレクトしました。 <コーディネイト>シンプルなデニムやワイドパンツにも、レースやドット柄など華のあるアイテムにも、何とでも合わせやすいので気軽に使えます。ロゴTの上からラフに羽織ったら、普段着がグッと女らしくなります。

☆
haco! ボリューム袖重ね着対策にぴったりな 袖ふんわりブルゾン <ブラック>の商品写真

カジュアルすぎないブルゾンが欲しい!

スカートやワンピースにパッと羽織るブルゾンというと、ついついミリタリー系かGジャンになりがちなのですが、それではちょっとカジュアルすぎて困る!という時があります。袖にデザインがあるトップスも流行っているので、きちんとコンパクトなシルエットだとインに着るものに困るし、ちょっとかしこまり過ぎる。今っぽくて上品で、スカートにもワイドパンツにも合うモノが欲しい!というわけでできたブルゾンがこちら。 <デザイン>ドロップショルダーに袖は旬のぷっくりシルエット、身ごろは短め丈でスカートやワンピースにはもちろん、太めのパンツにもバランスのよいノーカラーブルゾンです。 <素材&カラー>袖のボリュームが出るように、張りのあるグログラン素材をセレクトしました。カラーはとにかく便利なブラックです。 <着こなし>きれいめのスカートに合わせたら、ほどよくきちんと感のあるオフィス仕様に。落ち感のある素材のハイウエストワイドパンツに合わせたら、今っぽくかっこよく着こなせます。

☆
haco! 背中のボリュームがかわいい! 羽織るだけで女っぽく華やかに見えるドレストレンチコート <ベージュ>の商品写真

後ろ姿にキュンとするドレストレンチ

結婚式に着て行くコートってだいたいみんなトレンチ。別に個性的にしたいわけじゃないし、結婚式のためだけにコートを買うお金なんてないんだけど、ちょっと違うドレスに合うコートがあるといいなと思う。あれ?でもドレスに合うようなトレンチなら、毎日女っぽくいられるかも?というわけで完成したのが、こちらのドレストレンチです。 <デザイン>背中にたっぷりのギャザーを入れて、ボリュームを持たせたデザイン。ウエストには同素材のリボンベルト付きなので、きゅっと結んでウエストマークしたら女っぽくバランスよく見えます。前から見たときはすっきりシンプルに、ガンパッチでトレンチらしいデザインをプラスして、さりげなく視線を上に向けています。カーディガンやニットを着ても大丈夫な、ほどよい袖のゆとり感もポイントです。 <素材>フォーマルなワンピースにも合うように、やわらかさのある素材をセレクト。それでいてへなへなすぎない、ストレッチ性のある独特の質感です。 <着こなし>きれいめでフェミニンなトレンチコートは、結婚式だけでなく、オフィスづかいにも、デートにも◎。スカートにもパンツにも似合います。

☆
haco! 気軽なのに大人見えするノーカラーゆったりカットソーコート <ピンクベージュ>の商品写真

ニットともTシャツとも相性抜群!気軽に羽織れる大人のカットソーアウター

何も考えずさっと頼れるアウターってなんだろう?しかも、どうせなら長く着たい。そんな時にはインに着込むことができて、気軽に脱ぎ着できる、そんなアウターがあるとベンリです。 <デザイン>たっぷりとした身幅のおかげでインに着るものを選ばず、トップスがニットの時もTシャツの時も、何も考えずさっと気軽に羽織ることができてベンリです。大きめシルエットだけど、デザインはシンプルに仕上げているので、どんなコーデも合わせやすい。そしてカットソーだからのびやかで疲れにくい!!ゆるっとリラックスした気持ちで着られて使いやすく、とりあえず今日はコレ!あ、いや昨日もコレか!まぁいいか!といった現象が起こる、毎日頼りたくなりそうなアウターです。 <素材>ストレッチ性に富んだ、ほどよい落ち感でしなやかなカットソーのポンチ素材。目の詰まったきれいな生地で、軽やかに羽織るのにちょうどよい肉厚感です。 <カラー>大人っぽく便利な定番ブラックと、インに着るものがベーシックカラーでも全体を華やかに仕上げてくれるピンクベージュの2色です。

☆
haco! きれいめに着こなしたいときに便利なノーカラーコート <ネイビー>の商品写真

トレンチ以外で何着たらいいの?!にお答えします。

ベージュのパンツをはいたとき、「あれ?トレンチ着たら全身ベージュすぎ?」と困ったことはありませんか?はたまた、結婚式や二次会などフォーマルのときに、「あれ?いっつもトレンチ着てる??」と悩んだり。ムムム!トレンチ以外に何着たらいいの?!というときのためのコートを作りました。 <カラー>ベージュのボトムスにも黒のボトムスにも合わせやすい、シックなネイビー。 <デザイン&素材>フォーマルにも対応できるようなきれいめなツイル素材で、女性らしさもありつつ、ドロップショルダーデザインが今っぽくもある、絶妙なバランスのノーカラーコートです。 <着こなし>パンツに合わせたらかっこよく、スカートやワンピースに合わせたらフェミニンに、とどちらの雰囲気でも活躍します。首もとの開きが深いので、インに何を合わせたらいいのか難しい!というときには、大きめのストールをぐるぐるっと巻いてごまかしてしまうのもオススメです。

☆
haco! Wrangler どんなボトムスにも合わせやすいショートGジャン <インディゴブルー>の商品写真

品と女っぽさを両立、女性のためのデニムジャケット

〈Wrangler〉から、女性のためのショートジャケットが入荷しました。 だぼっとしすぎていない、ほどよい肩落ちのゆるシルエットで、 衿を抜き気味で着るとかわいく仕上がります。 生地に適度なハリがあり、うつくしい色合いのインディゴブルーなので、 ラフになりすぎず、きれいめコーデにもぴったりです。 ボタンはラングラーのロゴ入りで、老舗ブランドの風格も漂います。コンパクトな丈感なので、ワイドパンツはもちろん、ワンピースに羽織るのも素敵です♡

☆
haco! Wrangler どんなボトムスにも合わせやすいショートGジャン <ダークインディゴブルー>の商品写真

品と女っぽさを両立、女性のためのデニムジャケット

〈Wrangler〉から、女性のためのショートジャケットが入荷しました。 だぼっとしすぎていない、ほどよい肩落ちのゆるシルエットで、 衿を抜き気味で着るとかわいく仕上がります。 生地に適度なハリがあり、深みのあるうつくしい色合いのダークインディゴブルーなので、 ラフになりすぎず、きれいめコーデにもぴったりです。 ボタンはラングラーのロゴ入りで、老舗ブランドの風格も漂います。 コンパクトな丈感なので、ワイドパンツはもちろん、ワンピースに羽織るのも素敵です♡

☆
haco! パッと羽織ってかっこよく、きゅっと絞って女っぽい ウエストリボンロングコート <ダークネイビー>の商品写真

かっこいいのに女っぽい、憧れの大人の女性に近づけそうなコートです。

憧れの女性ってどんな女性?かっこいいのに、女らしくて、さりげなく優しくて、気が利いて。。。そんな憧れの女性に一歩近づけそうなイメージで、コートを作ってみました。コートを脱いだ中は、さらっとシンプルなのに絶妙に女っぽいパンツスタイルや、ぐっと女らしいワンピースをTPOに合わせて着こなすんだろうなぁ。。。という妄想もふくらみます。 <デザイン>ウエストベルトを内側に通したデザインは、きゅっとウエストマークして着こなせます。しっかりめに絞るとより女性らしく、ラフに羽織るとかっこよく着こなせます。 <素材・カラー>クールでオシャレな印象のカーキと、シックで上品なダークネイビーの2色。どちらもインに華やかなワンピースを合わせたときにも似合います。ほのかに起毛感のある素材のおかげで、マットな仕上がりに。かっこよくて女っぽい絶妙なバランスです。 

☆
haco! パッと羽織ってかっこよく、きゅっと絞って女っぽい ウエストリボンロングコート <カーキ>の商品写真

かっこいいのに女っぽい、憧れの大人の女性に近づけそうなコートです。

憧れの女性ってどんな女性?かっこいいのに、女らしくて、さりげなく優しくて、気が利いて。。。そんな憧れの女性に一歩近づけそうなイメージで、コートを作ってみました。コートを脱いだ中は、さらっとシンプルなのに絶妙に女っぽいパンツスタイルや、ぐっと女らしいワンピースをTPOに合わせて着こなすんだろうなぁ。。。という妄想もふくらみます。 <デザイン>ウエストベルトを内側に通したデザインは、きゅっとウエストマークして着こなせます。しっかりめに絞るとより女性らしく、ラフに羽織るとかっこよく着こなせます。 <素材・カラー>クールでオシャレな印象のカーキと、シックで上品なダークネイビーの2色。どちらもインに華やかなワンピースを合わせたときにも似合います。ほのかに起毛感のある素材のおかげで、マットな仕上がりに。かっこよくて女っぽい絶妙なバランスです。 

☆
haco! co&tion チコラータコート【アーティスト監修10点もの】 <ネイビー>の商品写真

ほっこり笑顔になれそう!カラフルなアトリエコート

<商品のおはなし>シンプルで合わせやすいアトリエコートにニットで編み上げたすてきなモチーフたちを重ねました。ボタンもカラフル。だけど、着る人を選ばなそうな色合わせが魅力的です。<作家さんのおはなし>チコラータ 大石さちよ:トルコ語でチョコレートという意味のチコラータ。スイートかつビターなチョコレートのように、おかしくって楽しいモノを生み出すブランドLondon College of FashionにMarjan Pejoskiの元でアシスタントをしながら自身のブランドで製作を始める。現在はニットウエアを中心にアクセサリーなども展開。 <co&tion10点物について>haco!の商品に、アーティスト監修のもと1点ものをリプロダクト。縫い物や手仕事を特技とするお母さんたちが製作した10点もの。 作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かな作品をお楽しみください。

☆
haco! co&tion 神尾茉利グリーン刺しゅうのアトリエコート【アーティスト監修10点もの】 <ピンク>の商品写真

デイリー遣いのアトリエコートに、とっておきの刺しゅうをあしらって。

<商品のおはなし>アンティーク調のディティールも取り入れたデザインのコートが、神尾さんの魔法でスペシャルなコートに生まれ変わりました。木々を連想させるグリーンの美しい刺しゅうは注目を集めること間違いなし!自慢のコートになりそうです。ヨーロッパの美大生が着ているようなアトリエコートは、ラフすぎないワーク感が女の子仕様。<作家さんのおはなし>神尾茉利(KAMIO MARI):美術家。刺しゅう、イラストによるクライアントワーク、プロダクト製作、展覧会を中心に活躍。主な著書に、『ひみつのステッチ』(パイインターナショナル)、絵本『さがそ!ちくちくぬいぬい』(学研)などがある。http://kamiomari.com <co&tion10点物について>haco!の商品に、アーティスト監修のもと1点ものをリプロダクト。縫い物や手仕事を特技とするお母さんたちが製作した10点もの。 作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かな作品をお楽しみください。

☆
haco! co&tion 二宮佐和子Unicorn&Crystal Coat【アーティスト監修10点もの】 <ブラック>の商品写真

UnicornとCrystalの刺繍で、クールに華やかに。

<商品のおはなし>二宮さんの手刺繍作品を日本の刺繍やさんとお母さんたちが10点ものにリメイク。Unicorn(ユニコーン)とCrystal(氷)のモチーフが、英国紳士風のチェスターフィールドコートを華やかにクールに彩ります。見た目よりも軽くてとあたたかさの秘密は表と裏の素材の間にフィルムをサンドし接着させた生地が風を通さないこと!鮮やかなカラーの裏生地は起毛しているのでさらにあたたかみがあります。ポケットと切り替えラインを合わせるなど、チェスターフィールドコートらしいすっきりクールな一着です。<作家さんのおはなし>二宮 佐和子 SAWAKO NINOMIYA:絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。企業やファッションブランドとのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェアに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。東京を拠点にしながらも、大阪、京都、淡路島、インド、ポートランドなど、活動の幅をグローバルに広げている。http://sawakopurega.tumblr.com <co&tion10点物について>haco!の商品に、アーティスト監修のもと1点ものをリプロダクト。縫い物や手仕事を特技とするお母さんたちが製作した10点もの。 作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かな作品をお楽しみください。

☆
haco! co&tion 中村実樹夜更けの摩天楼コート【アーティスト監修10点もの】 <ベージュ>の商品写真

お城のパッチワークがドラマティックな摩天楼コート

<商品のおはなし>きちんと感のあるディテール、どんなものにも羽織りやすくて便利なベーシックカラーのベージュ&ノーカラーデザイン。袖丈は手首がちらりとのぞく8分袖、ほんのりと裾に向かってひろがるAラインシルエットが女の子らしいデザインのコートです。着心地もやさしくて、軽やかな素材に、ほのかな夜の明るさの中に浮かび出したような、お城のパッチワークが他にはないドラマティックなデザインです。悪夢を食べるというバクが見る夢って? そんな疑問からスタートした作品であるこのコートのテーマは、「バクの見た夢」。ポエティックなお城の風景がチェック柄でメランコリックに描かれています。 <作家さんのおはなし>中村実樹(miki nakamura):布を使っての表現を行うアーティスト。その他、音楽・CM・舞台を中心に衣装デザインからスタイリングまでを請け負う。石川県金沢市生まれ。専門学校卒業後、ストリートブランドでデザイナー、コムでギャルソンでパタンナーを経て独立。 <co&tion10点ものについて>haco!の商品に、アーティスト監修のもと1点ものをリプロダクト。縫い物や手仕事を特技とするお母さんたちが製作した10点もの。 作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かな作品をお楽しみください。

☆
haco! Lady Lee BOA STORM RIDER <ライトインディゴブルー>の商品写真

今年も、これからも、Leeの定番ストームライダー

<Lee的ウンチク>「STORM RIDER」は、もともとはカウボーイの防寒着として着用されていたLeeの定番アイテム。ちまたでは「永遠の名作アウター」とも言われています。<仕様>デザイン性と補強の実用性に優れたフロントのジグザグステッチ、バックストラップ廃止後に採用された腰部分のサイズ調整のためのアジャストボタンなど、「101J」のディテールにボアを組み合わせた防寒性の高いジャケットです。身ごろの内側は総ボア、袖裏は腕が通しやすいキルティング加工になっています。<着こなし>ボトムスの着こなしが映え、ゴワつかずスッキリとご着用できます。防寒アウターとして1着はもっておきたい定番アウター。女の子らしいワンピースやスカートとも相性抜群です。

☆
haco! Lady Lee BOA STORM RIDER <インディゴブルー>の商品写真

今年も、これからも、Leeの定番ストームライダー

<Lee的ウンチク>「STORM RIDER」は、もともとはカウボーイの防寒着として着用されていたLeeの定番アイテム。ちまたでは「永遠の名作アウター」とも言われています。<仕様>デザイン性と補強の実用性に優れたフロントのジグザグステッチ、バックストラップ廃止後に採用された腰部分のサイズ調整のためのアジャストボタンなど、「101J」のディテールにボアを組み合わせた防寒性の高いジャケットです。身ごろの内側は総ボア、袖裏は腕が通しやすいキルティング加工になっています。<着こなし>ボトムスの着こなしが映え、ゴワつかずスッキリとご着用できます。防寒アウターとして1着はもっておきたい定番アウター。女の子らしいワンピースやスカートとも相性抜群です。

☆
haco! 女っぽロングコート&キルティングジャケットセット by que made me <グレイッシュベージュ>の商品写真

あったかくて女っぽい、そのうえ2枚セットでお得!

<デザイン>ドロップショルダーでゆるりとしたオーバーサイズのロングコート。左胸の内ポケットは電話や定期入れなどパッと取り出したいものを入れたり、子どもの機嫌をとるためのラムネをひそませたりするのに役立ちます。袖口の内側にリブをつけることで暖かく、時には袖をくしゅっと上げられます。着たときにはリブは見えないので、きれいめな印象はそのままに、くしゅっと上げると、女らしくバランスよく見えるのと、母さん的には走り回る子どもを追いかけて暑い!というときにも実はうれしいのです。首の後ろのボタンで取り外して着られるキルティングジャケットがついているので、それぞれ単品で使えてとってもお得。キルティングジャケットは重ねて着たときのために深めのV開きでスッキリきれいな仕上がり。重ねて着たら真冬でもあったかく、安心です。<カラー>女っぽく上品に着こなしたい気持ちと、とにかく合わせやすいことを重視して、オリジナルカラーの生地を作りました。キルティングジャケットにはクールなブラックをセレクトしました。 <着こなし>パンツにもスカートにもパッと羽織って様になる丈感とシルエットなので、毎日づかいにとても便利。オールブラックのスタイリングに羽織ってカッコよく着こなしてみたいです。(モコト)

☆
haco! MADE IN JAPAN生地を使用した Vネックロングガウンコート <ブラック>の商品写真

クールなノーカラーで大人っぽ派

暖かいコートを選ぼうと思うと、どうしても重苦しいものになりがち。大人できれいに見えて、かつ着心地は軽い、そんな素材はないものか!と探し抜いてたどり着いた、こだわりの日本製生地で作ったコートです。<デザイン>すっきりとしたV字のネックラインが、凛とした佇まい。スマートなシルエットを作る、サイズ感が絶妙なノーカラーコートは、大人の女性らしさを演出する1枚です。付属のリボンベルトを前で結んでウエストマークしたり、後ろで束ねてポイントづかいにすることでアレンジも可能。さっとはおるだけで大人っぽい印象を作れるガウンコートです。 <素材>日本製の上質な素材は、ウールをメインにしてポリエステルやアクリルなどを混紡した、とても軽く暖かい素材です。着心地はふんわり軽やかで気持ちよく、手持ちにしているときにも重たくないので、一緒に出かける回数も増えそう! <カラー>さまざまなシーンで活躍する大人の定番ブラック。裏地には同系色のドット柄を採用し、フェミニンな隠し味も付けています。

☆
haco! あったかくて大人っぽい ロングダッフルコート <ネイビー>の商品写真

長ーーいのが、あったかくて大人っぽくて一石二鳥

<デザイン>ありそうでなかなかない、大人っぽいロング丈のダッフルコートを作りました。ベーシックなダッフルコートのデザインですが、袖口の内側にはリブがついているので、風を防いであったかいのがうれしいポイント。カジュアルになりすぎないように、リブは表からは見えないデザインにしています。 <カラー>使いやすくて便利な、定番のネイビー。トグルボタンをとめる紐はアイボリーの配色でポイントに。 <コーディネイト>子どもっぽくなりがちなダッフルコートは、落ち感のあるワイドパンツなど大人っぽいアイテムと合わせてかっこよく着こなしたい。足元は、スニーカーでも合いますが、ローファーなどかっちりした靴を合わせるのもオススメです。

☆
haco! 使い方いろいろ フェイクファー付きノーカラーコート <ネイビー>の商品写真

シーンに応じて、着こなしいろいろ!コスパ◎です。

<デザイン&カラー>エコファーやフードをボタンで取り外して様々な着こなしができるノーカラーコートです。パーツが多い分、デザインはシンプルに使いやすくしました。ネイビーのカラーは、グレンチェックなどの柄物とも相性がよく、とっても便利です。 <素材>ファー部分は肌ざわりがよく、華やかで上品なエコファーを採用。 <着こなし>①袖口ファーもフードファーも全部つけた一番華やかバージョンは、寒い日のお出かけにぴったり。身も心も華やぎます。 ②フードを外して袖口ファーだけの大人っぽ華やかバージョンは、結婚式や二次会などのパーティーシーンにぴったり。 ③ファーもフードも全部外したシンプルバージョンは、クラシックな雰囲気で女性らしいので、オフィス帰りにデートがある日に◎。 ④袖口のファーを外して、フード&フードファーをつけた女っぽカジュアルバージョンは、いつものデニムスタイルをグッっと華やかにしてくれます。 ⑤袖口ファーとフードファーを外して、フードのみがついたデイリーバージョンはパンツスタイルにもスカートにも、かしこまりすぎないほどよい抜け感がちょうどいいバランスです。

☆