トレンチコートの検索結果4アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! 背中のボリュームがかわいい! 羽織るだけで女っぽく華やかに見えるドレストレンチコート <ベージュ>の商品写真

後ろ姿にキュンとするドレストレンチ

結婚式に着て行くコートってだいたいみんなトレンチ。別に個性的にしたいわけじゃないし、結婚式のためだけにコートを買うお金なんてないんだけど、ちょっと違うドレスに合うコートがあるといいなと思う。あれ?でもドレスに合うようなトレンチなら、毎日女っぽくいられるかも?というわけで完成したのが、こちらのドレストレンチです。 <デザイン>背中にたっぷりのギャザーを入れて、ボリュームを持たせたデザイン。ウエストには同素材のリボンベルト付きなので、きゅっと結んでウエストマークしたら女っぽくバランスよく見えます。前から見たときはすっきりシンプルに、ガンパッチでトレンチらしいデザインをプラスして、さりげなく視線を上に向けています。カーディガンやニットを着ても大丈夫な、ほどよい袖のゆとり感もポイントです。 <素材>フォーマルなワンピースにも合うように、やわらかさのある素材をセレクト。それでいてへなへなすぎない、ストレッチ性のある独特の質感です。 <着こなし>きれいめでフェミニンなトレンチコートは、結婚式だけでなく、オフィスづかいにも、デートにも◎。スカートにもパンツにも似合います。

☆
エムトロワ さっと羽織ってかっこいいロングトレンチコート <ネイビー>の商品写真

迷った朝に羽織って間違いのないコートです。

<デザイン>エポレットやガンパッチなどのデザインは本格仕様のまま、パッと羽織るだけで簡単にスタイルが決まる、バランスのよいトレンチコートができました。そのポイントは、旬のロング丈と背中のたっぷりしたボリューム感。ベルトを結ばずにラフに着たときにもかっこいいシルエットが完成するのです。袖口やウエストベルトのバックルも本革風のデザインにして、高級感をプラス。ボタンはあえて濃色の配色にするとでキリリと引き締まった印象に。 <素材>やや光沢のあるしっかりとした綾織の表地は、メンズライクになりがちなトレンチに女性らしさをプラスしてくれます。裏地はストライプで脱いだときにもさりげなくポイントに。 <カラー>定番のベージュと、大人っぽいネイビーの2色。どちらも合わせやすさは抜群です。 <着こなし>忙しい朝に、パッと手にとって間違いないほど、どんな服にも合わせやすい。フェミニンなスカートにもワイドパンツにも、カジュアルなデニムスタイルもぐっとクラスアップしてくれます。ベルトは後ろでラフに結んで前を開けて着こなすのも、キュッとウエストマークして女っぽく着こなすのもどちらも似合います。

☆
.fr ノーブルカラーの2ndトレンチ <ベージュ>の商品写真

トレンチ好きの2着目にもトレンチデビューにも

大人の女性ならすでにトレンチは持っているひとも多いはず。でもホワイトのテーピングがカッコいいトレンチはどうでしょう。ストンとしたメンズライクでベーシックなシルエットなので、はじめてのトレンチにもオススメです。スタンダードなトレンチなんてつまらないというあまのじゃくなみなさんにも気に入ってもらえるはず。

☆
haco! co&tion miki nakamura  バクのみた夢 夜更けの摩天楼コート <ベージュ>の商品写真

夢で見たシーンの重なりでたたずまいにストーリーが生まれる

布を使っての表現を行うアーティスト、miki nakamuraさんとco&tion、haco.のコラボ作品のコート。悪夢を食べるというバクが見る夢って? そんな疑問からスタートした作品「バクの見た夢」は、ポエティックなお城の風景がチェック柄で描かれたメランコリックなモチーフをコートの裾にプリント。とらえどころのない、夢の雰囲気を表すようです。シンプル、だけど印象的なプリントコートを相棒にすれば、きっと新しいおしゃれの扉が開くはず。<作家さんのおはなし>中村実樹(miki nakamura):布を使っての表現を行うアーティスト。その他、音楽・CM・舞台を中心に衣装デザインからスタイリングまでを請け負う。石川県金沢市生まれ。専門学校卒業後、ストリートブランドでデザイナー、コムでギャルソンでパタンナーを経て独立。 <co&tion コラボアイテムについて>アーティストさんの想いと、アイデアが詰め込まれたhaco.とのコラボ商品。作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かなアイテムをお楽しみください。

☆