ブルゾンの検索結果5アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! 【高橋愛さんコラボ】Tシャツからニットの時期まで使える オーバーサイズスタンドカラーブルゾン by LOVE&PEACE PROJECT <ライトカーキ>の商品写真

さっと羽織れば着映えコーデが即完成!

<b>横から見た時にもシルエット完璧!なスタンドカラーがこだわりポイント!</b> <br><b>〈デザイン〉</b> <br>流行りのビッグTシャツにもゆるっとしたニットにも、オーバーサイズで何にでも合わせやすいスタンドカラーブルゾンです。さっと羽織ってカジュアルな印象に、背中部分に通した共地リボンでウエストマークすればレディーな雰囲気にガラリと変わります。衿部分はタブでとめる仕様で、開いて着ても好バランス!大きめのスタンド衿は顔周りすっきり見せを叶えてくれます◎。袖口はリボンできゅっとかわいげなキャンディースリーブですが、シルバーのスナップボタンをあしらったメンズライクなディテールで、甘さ控えめに着まわしやすくまとまりました。両サイドにはアウターに欠かせないポケットもしっかり付いているので、さっとお出かけにも便利です。 <br><b>〈素材〉 </b> <br>表面にナチュラルなしわ感のある、綿をメインにナイロンが加わった生地。パリッと程よいハリ感の中にもしなやかさがあり、シルエットをきれいに保つ素材です。着るたびに馴染む独特の生地感も楽しいんでいただきたいアイテムです。 <br><b>〈カラー〉</b> <br>カジュアルすぎず女子っぽさも加えてくれるライトカーキで、ベージュトーンに近いのでインに着るものを選びません! <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>夏の名残のある時期は、Tシャツの上に羽織るだけで様見えします。ワイドパンツやギャザースカートなどのボリュームあるボトムスにきゅっとウエストを絞ってメリハリあるシルエットを作るのが◎。ティアードワンピースなどの甘めなアイテムにラフに羽織るギャップコーデもおすすめです。

☆
haco! LadyLee もこもこボアのノーカラーボアストームライダー <ブラック>の商品写真

ノーカラー×ボア素材の、あったかジャケットが登場!

スカートに合うショート丈のアウターを探していましたら...★ Leeの展示会で、こちらのボアジャケットに出会いました。思わず触りたくなる、ぬくぬくの総ボアは、あたたかみがあって、着膨れせずにあったかコーデが叶います。ショート丈はとにかくスカートや、ハイウエストのパンツともバランスがとりやすいのがポイント。衿のないノーカラーデザインは、首まわりもすっきり見えて、カジュアルはもちろん、きれいめなシーンとも相性◎です。いつものコーデにプラスするだけで、ぐっと旬なスタイルを楽しめそう!<ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! HUNTER WOMENS ドローストリングボンバージャケット <ブラック>の商品写真

クールに決まるのに、女子っぽい★こだわりの詰まった大人アウター

HUNTERの展示会で出会った、女子にこそ着て欲しい“ミリタリー調のボンバージャケット”をセレクトしました。メンズライクな質感と、裾が広がったテントラインシルエットの甘辛ミックスデザイン。内側には冬アウターには欠かせない、ぬくぬくのキルティングが施されているので、あったかさはお墨付き!立体的に立ち上がったフードと袖口のリブが、冷たい風の侵入を防いでくれます。裾のドローコードを絞れば、サイズ調節も可能です。コーデのバランスが取りやすい短めの着丈は、小柄な方にもおすすめ★ アウターの下から、ロングのワンピースやニットをのぞかせれば、レイヤースタイルも楽しめそうです。 <ブランド情報>HUNTER(ハンター)。 1856年創業のハンターは進歩的な英国老舗ブランドで、ブランドシンボルでもあるオリジナルブーツでその名を知られて‎おり、女王エリザベス2世およびエディンバラ公より王室御用達として指定されています。 長い革新の歴史を持つ当ブランドは、過酷な自然環境からパイオニアたちを守るデザインを生み出し続けてきました。

☆
haco! なでなでしたくなるかわいさのボアショートブルゾン <ベージュ>の商品写真

ふわっもこっのボアは、着るだけでかわいくなれる気がする♡

<b>パッと着てあったかくて可愛いボアブルゾン。着膨れして着ぐるみみたいにならないコンパクトなものを作りました!ワンピースとも相性◎です! <br>〈デザイン〉</b> <br>ノーカラー、Vネックのショート丈の軽くてあったくて着心地のよいボアジャケット。アームホールと身幅、肩幅に少しゆとりを持たせたサイジングだから、インにニットを着ても楽ちんです。それでいて、オーバーサイズのコートのインにも着られちゃうので、寒くなってもずっと重宝します。ノーカラーデザインだと、合わせて着るものの衿もとで悩むこともなく、ストールやマフラーもくるりと巻きやすいから、着こなしの幅も広がります。 <br><b>〈素材〉</b> <br>ポリエステル素材のボアだから、お家で手洗いができます。ぬいぐるみのように可愛らしい毛足のボアは、とても軽やかな仕上がりのため、着ても、持ってもストレスがなく、毎日でも羽織りたくなるブルゾンです。裏地付きだから滑りもよく、着脱もスムーズなのもうれしいポイント。 <br><b>〈カラー〉</b> <br>こんなピンクなら着てみたいねとスタッフで盛り上がった大人ピンク、やっぱり外せないボアの定番ほっこりベージュ、もこもこ素材もクールに着られるブラック、コーディネイトが明るく華やかになるオフホワイト、贅沢な4色展開です。 <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>流行りのロングスカートやワイドボトムスと合わせてもだらしなくならないショート丈だから、安心して着られます。何着よう?!と迷ったら羽織って間違いのない1枚です。

☆
nusy MA-1みたいなスウェットブルゾン <ピンクベージュ>の商品写真

気軽に羽織れる旬ブルゾン

<デザイン>胸元にMA-1ジャケットのようなグログランテープをあしらったデザイン。ファスナーの引き手にも同様にグログランテープを付けてポイントにしています。あえてMA-1らしい腕のファスナーポケットは付けないデザインにすることで、寒くなってからは上からアウターも着やすくしました。 <シルエット>カジュアルになりすぎないよう、すっきりコンパクトなシルエットに。 <カラー>MA-1ジャケットをイメージしたカーキと、あえてガーリーな着こなしができるように選んだ今年らしいオレンジがかったピンクベージュ。どちらも絶妙な色にこだわって、オリジナルカラーに染めています。 <着こなし>ワンピースやスカートなど女のコらしいアイテムにさらりと羽織ったりデニムジャケットやトレンチのインにちらりと色を効かせたり。薄手のスウェット素材なのでMA-1より気軽に使えます。

☆

haco!のブルゾンを使ったコーデ
powered byWEAR