デニムジャケットの検索結果14アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! Lady Lee ゆるっとシルエットが可愛いデニムジャケット <ブルー>の商品写真

デイリーに使いたい、味わい深いデニムジャケット

<b>季節の変わり目に便利なデニムジャケット。着まわし力はそのままに、ちょっぴりレトロで古着っぽくて愛着のわく1枚をセレクトしてきました!いつものコーデをおしゃれにアップデートしてくれます!</b><br> <b>〈デザイン〉</b><br> Leeの名品、ワークジャケット91-Bというアイテムよりディテールを踏襲した本格的なデニムジャケットです。ゆるりとしたサイズ感がかわいく、ドロップショルダーと背中の切り替えのステッチが身体を華奢に見せてくれます。フロントはファスナーなのですっきり見えつつ、遊び心のある大きめのパッチポケットがポイントになっています♡。カジュアルすぎずにさらりと着られるのが便利なところです。ブランドロゴとファスナー付きポケットは、胸の高めの位置につけられているのでパッと目を引いて、さりげなく視線を上に向けてバランス良く見せてくれます。<br> <b>〈コーディネート〉</b><br> 少し衿を抜いて着るとこなれて見えていい感じです。柄ワンピースやフレアースカートなど女っぽいアイテムと合わせたり、サロペットパンツとスニーカーを合わせてカジュアルに着たりどちらも◎。春にも着やすい絶妙なブルーなので、たくさん使えて便利です。<br> <b>〈ブランド情報〉</b><br> Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! 後ろ姿まで可愛くいたい!バックプリーツデニムジャケット <ネイビー>の商品写真

「どの角度もかわいい!」と思わず声が出ちゃいそう♪

<b>後ろ姿まで抜かりなく魅せてくれるデニムジャケットです。薄手素材なので、秋始めから使えて、シンプルになりがちなコーデのポイントになります。</b><br> <b>〈デザイン〉</b><br> 背中がプリーツになった異素材使いのデニムジャケットです。ワンピースにも似合う短め丈で、ゆったりした身幅と袖幅でインに厚手のお洋服を重ねることもできます。カチッとしたデニムにひらりと揺れるプリーツが可愛く、羽織るだけでちょうど良い甘辛バランスに!プリーツ部分はポリエステル素材なので軽やかでトップス感覚で前を閉じて着られるのも魅力です。<br> <b>〈カラー〉</b><br> これからの季節に似合う濃色のデニムに、同系色のプリーツを合わせた大人っぽいカラー。インに合わせるものを選ばず着られます。<br> <b>〈コーディネート〉</b><br> ボーダートップスなどカジュアルなトップスと合わせてもロマンティックにコーデがきまります。インにタートルニットを合わせて襟からタートルを覗かせるのも可愛いです。

☆
haco! Wrangler ワイドシルエットがかわいいデニムジャケット <ライトベージュ>の商品写真

出かけたくなるデニムジャケット

<b>女子ゴコロをくすぐる、愛らしいデザインのデニムジャケットをセレクトしました! </b> <br><b>〈デザイン〉</b> <br>ショートでワイドなシルエットが特徴の、Wranglerのデニムジャケット。ボトムスを選ばない、どんなコーデにもしっくりくるシルエットになっています。カラーはきれいめに着られる<ネイビー>と、コーデに抜け感を与えてくれる<ブルー>、やわらかな印象で大人っぽく着られそうな<ライトベージュ>の3色。ドロップショルダーに、ゆとりのある身幅が今っぽい雰囲気を演出。 <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>スカートやパンツスタイル、どちらとも相性バツグンなので、気づいたらヘビロテしてた!そんな一枚になってくれそうです★ <br><b>〈ブランド情報〉</b> <br>Wrangler(ラングラー)。アメリカの3大ジーンズブランドの一つと言われている、カウボーイやロデオライダー向けジーンズで有名なジーンズブランド。ノースカロライナ州グリーンズボロにて1904年にC.C ハドソンによってハドソン・オーバーオール社から始まりました。デニムウエアに初めてデザイン要素を取り込んだブランドで、当時は作業着でしかなかったデニムにファッション性をもたらし、絶大なる支持を受けました。

☆
haco! サッと羽織って好バランスが完成!短め丈が使いやすいGジャン <インディゴブルー>の商品写真

毎日のコーデに一点投入!これさえあればを叶えます◎

<b>定番アイテムでもあるGジャン、せっかく買うならちょっと特別で人とかぶらないようなものがいいものです。古着の様な色味やくたっと感にきゅんとする、オールシーズン活躍するGジャンご用意しました! <br>〈デザイン〉</b> <br>人気のビッグシルエットGジャンのほどよいゆったり感はそのままに、ぐぐっと女性らしくショート丈にリメイクしました!こだわりのウォッシュカラーは、子供っぽくなりづらく、ステッチやしわがほどよい模様になってこなれ感を演出します。前は胸元のフラップがぐっと華やかな印象に。後ろ姿も気を抜かず、のっぺり見せない切り替えと裾のタブが、横から見ても好バランスです。 <br><b>〈素材〉</b> <br>綿100%でしっかりとした生地感ですが、洗い加工を施しているのでほどよいくたっと感があります。着込むたびに身体に馴染んでくるのが嬉しい素材です。 <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>短め丈だから、ボトムスはどんな丈でも合わせやすくアイテムを選びません。フレアースカートやワンンピースを合わせて上品に、きれいめパンツでスッキリと着こなしても様になるジャケットです。トレンドに左右されないものだからこそ、長く愛せる定番として、今のワードローブに加えたい1枚です。

☆
haco! Urvin 持っておくと便利な1ST Gジャン <アイボリー>の商品写真

顔をうずめたくなる?!やさしさに包まれるGジャン

<b>Gジャンの概念を覆された...!とスタッフがひとめぼれしたのは、Urvinの1ST Gジャン。まるで高級なバスローブ?!と思うほど、やわらかくって着心地バツグンな一枚に出会いました★</b> <br><b>〈デザイン〉</b> <br>片側にだけポケットが付いた、ヴィンテージライクなデザインが特徴。スカートやパンツともバランスが取りやすい、身幅たっぷりのテントラインシルエットになっています。真っ白すぎない、あたたかみのあるアイボリーカラーは、毎日のコーデにプラスするだけで、パッと明るくやさしい気分にしてくれそうです。 <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>ワンピースやスカートなど、甘めコーデと相性バツグンですが、同じ素材でつくられた、ワイドデニムパンツとセットアップであわせるのもおすすめ♪ <br><b>〈ブランド情報〉</b> <br>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Urvin 1ST Gジャン <インディゴブルー>の商品写真

毎日のコーデに一点投入!雰囲気ががらっと変わる、新・定番アイテム!

定番アイテムでもあるGジャン。今取り入れるなら、一枚でガラッと印象が変わる、Urvinの1stGジャンが断然おすすめです☆ 1stGジャンは、片側にだけポケットが付いたシンプルなデザインが特徴。Urvinでは、その昔ながらのデザインをベースに、短めの丈と、少し裾がひろがった、女性的なシルエットに仕上げています。さりげない女の子っぽさと、コンパクトなシルエットは、オーバーサイズコーデとも相性◎。ボリュームのあるボトムスに合わせるだけで、コーデがぐっと締まります。ボタンを上まで留めて、シャツ感覚で着るのもおすすめ。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Urvin 3rd Gジャン <インディゴブルー>の商品写真

定番だからこその強み

服を買うときの決め手ってなんだろう…?これから買うなら長く着まわせるものがいいはず。さらにオールシーズン活躍するアイテムといえば…『Gジャン』!1着は持っておいて損はない!そんなGジャンをセレクトしました。春と秋はメインに、冬はインナーにと大活躍必至の万能アイテム。余計なデザインが入っていないUrvinの3rdGジャンは、定番のかたちを守りつつも、都会的なデザインに落とし込んだテクニックが光る逸品です。こだわりのワンウォッシュカラーは、子どもっぽくなりづらいのが特徴。シルバーカラーのボタン×イエローステッチの組み合わせで、全体のスタイリッシュさを演出しています。パーカーとあわせる鉄板コーデでも、カジュアルダウンしすぎないところが◎。ボタンを上までかっちり留めて、すっきりと着こなすスタイルもおすすめです。トラッドなトレンチコートのインナーに取り入れれば、グンとあか抜けた印象に。Gジャンならではのほどよいメンズ感が、ワンピースやスカートの甘めコーデをピリッと締めてくれます。トレンドに左右されないものだからこそ、長く愛せる定番として、今のワードローブに加えたいアイテムです。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Urvin ギャザーGジャン <ブルー>の商品写真

きゅっとよせたギャザーの袖口にキュン♡

季節の変わり目に「とりあえず...」と、ついつい選んでいることが多いGジャン。もうすでに持っている人も多い定番アイテムだからこそ、今季はちょっとこだわったデザインのものがおすすめです!きゅっとよせられた袖口のギャザーが、とっても愛らしいギャザーデニムジャケット。着たときに手首が見える絶妙な袖丈で、華奢見せ効果が期待できます☆さりげない女の子っぽさとコンパクトなシルエットは、オーバーサイズコーデとも相性◎。ボリュームのあるボトムスに合わせるだけで、コーデがぐっと締まります。胸まわりにゆとりを持たせるためにつくられたフロントプリーツも、デザインのポイントに♪肌寒いときはコートの下に着て、アウターの中からちら見せするのもおしゃれです♡ボタンを上まで留めて、シャツ感覚で着るのもおすすめ。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Lady Lee フェイクファー付きデニムジャケット <インディゴブルー>の商品写真

かっこよくなりがちなGジャンを、レディ仕様に!

衿のフェイクファーが女の子らしい、デニムジャケットを入荷しました。コンパクトなサイズ感で、ロングスカートやパンツとも相性バツグン!フェイクファー部分は取り外しができ、シンプルなデニムジャケットとしても使えるので、春まで着られのもうれしいポイントです♪アウターとしても、コートの下のインナーとしても◎。ロングシーズン活躍してくれます! <ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! Lady Lee フェイクファー付きデニムジャケット <ダークインディゴブルー>の商品写真

かっこよくなりがちなGジャンを、レディ仕様に!

衿のフェイクファーが女の子らしい、デニムジャケットを入荷しました。コンパクトなサイズ感で、ロングスカートやパンツとも相性バツグン!フェイクファー部分は取り外しができ、シンプルなデニムジャケットとしても使えるので、春まで着られのもうれしいポイントです♪アウターとしても、コートの下のインナーとしても◎。ロングシーズン活躍してくれます! <ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! LadyLee エンジニアジャケット <ブルー>の商品写真

ロング丈のアウターに飽きたら、狙うはショート丈ジャケット!

大人気ブランドLeeより、エンジニアジャケットを入荷しました。上半身をすっきりと見せてくれるノーカラーデザインとショート丈。ぽんわりとした袖が女の子らしく、マンネリしがちな秋冬コーデの救世主です!デニムやチノパンはもちろん、ロングスカートとの相性もバッチリ。フロントポケットやブランドロゴなど、細部にこだわりが詰まっています。カラーはやわらかな印象の<キナリ>、どんなボトムスにも合わせやすい<ブルー>の2色。<ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! Wrangler どんなボトムスにも合わせやすいショートGジャン <インディゴブルー>の商品写真

品と女っぽさを両立、女性のためのデニムジャケット

〈Wrangler〉から、女性のためのショートジャケットが入荷しました。 だぼっとしすぎていない、ほどよい肩落ちのゆるシルエットで、 衿を抜き気味で着るとかわいく仕上がります。 生地に適度なハリがあり、うつくしい色合いのインディゴブルーなので、 ラフになりすぎず、きれいめコーデにもぴったりです。 ボタンはラングラーのロゴ入りで、老舗ブランドの風格も漂います。コンパクトな丈感なので、ワイドパンツはもちろん、ワンピースに羽織るのも素敵です♡

☆
haco! Wrangler どんなボトムスにも合わせやすいショートGジャン <ダークインディゴブルー>の商品写真

品と女っぽさを両立、女性のためのデニムジャケット

〈Wrangler〉から、女性のためのショートジャケットが入荷しました。 だぼっとしすぎていない、ほどよい肩落ちのゆるシルエットで、 衿を抜き気味で着るとかわいく仕上がります。 生地に適度なハリがあり、深みのあるうつくしい色合いのダークインディゴブルーなので、 ラフになりすぎず、きれいめコーデにもぴったりです。 ボタンはラングラーのロゴ入りで、老舗ブランドの風格も漂います。 コンパクトな丈感なので、ワイドパンツはもちろん、ワンピースに羽織るのも素敵です♡

☆
haco! Lady Lee BOA STORM RIDER <ライトインディゴブルー>の商品写真

今年も、これからも、Leeの定番ストームライダー

<Lee的ウンチク>「STORM RIDER」は、もともとはカウボーイの防寒着として着用されていたLeeの定番アイテム。ちまたでは「永遠の名作アウター」とも言われています。<仕様>デザイン性と補強の実用性に優れたフロントのジグザグステッチ、バックストラップ廃止後に採用された腰部分のサイズ調整のためのアジャストボタンなど、「101J」のディテールにボアを組み合わせた防寒性の高いジャケットです。身ごろの内側は総ボア、袖裏は腕が通しやすいキルティング加工になっています。<着こなし>ボトムスの着こなしが映え、ゴワつかずスッキリとご着用できます。防寒アウターとして1着はもっておきたい定番アウター。女の子らしいワンピースやスカートとも相性抜群です。

☆

haco!のデニムジャケットを使ったコーデ
powered byWEAR