デニムジャケットの検索結果12アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! ワンピースとしても楽しめるきれいめロングデニムジャケット <インディゴブルー>の商品写真

春の必須アイテム、Gジャンに着回し方法をさらに追加!

春コーデを作るのに、「とりあえずこれ!」の気持ちでいつでも頼れるのがGジャン。でもまだ肌寒い時期には難しかったり、アウターとしてしか使えないから旅行とかには持って行きにくいな、なんてことも。だからそれをジャケットとしてだけじゃなくって、ワンピースとしても楽しめるようにしました! <デザイン>ワンピースとしてもアウターとしても使える、ロングデザインのデニムジャケット。シンプルコーデにぱっと羽織れば、ぐんとおしゃれ見えします。深めインディゴカラーでダメージ加工を少なくしているから、カジュアルなデニムアイテムが、ぐっと大人っぽくいい感じになりました。ワンピースとしても楽しめるような、少しゆとりを持たせたサイズ感にしているから、肌寒い時期はワンピースとして、あったかくなってきたらアウターとして、着回し力ある頼れるロングGジャンです。 <素材>着ていても重たく感じない、ほどよい厚みのデニム生地。濃いめカラーがさらにすっきりと引き締まるように、ボタンはシルバー、ステッチは目立ちすぎないけれど主張してくれるオレンジ色に。デニムだけれど、きれいに着られる素材と配色を厳選しました。 

☆
haco! Urvin 3rd Gジャン <インディゴブルー>の商品写真

定番だからこその強み

服を買うときの決め手ってなんだろう…?これから買うなら長く着まわせるものがいいはず。さらにオールシーズン活躍するアイテムといえば…『Gジャン』!1着は持っておいて損はない!そんなGジャンをセレクトしました。春と秋はメインに、冬はインナーにと大活躍必至の万能アイテム。余計なデザインが入っていないUrvinの3rdGジャンは、定番のかたちを守りつつも、都会的なデザインに落とし込んだテクニックが光る逸品です。こだわりのワンウォッシュカラーは、子どもっぽくなりづらいのが特徴。シルバーカラーのボタン×イエローステッチの組み合わせで、全体のスタイリッシュさを演出しています。パーカーとあわせる鉄板コーデでも、カジュアルダウンしすぎないところが◎。ボタンを上までかっちり留めて、すっきりと着こなすスタイルもおすすめです。トラッドなトレンチコートのインナーに取り入れれば、グンとあか抜けた印象に。Gジャンならではのほどよいメンズ感が、ワンピースやスカートの甘めコーデをピリッと締めてくれます。トレンドに左右されないものだからこそ、長く愛せる定番として、今のワードローブに加えたいアイテムです。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Urvin ギャザーGジャン <ブルー>の商品写真

きゅっとよせたギャザーの袖口にキュン♡

季節の変わり目に「とりあえず...」と、ついつい選んでいることが多いGジャン。もうすでに持っている人も多い定番アイテムだからこそ、今季はちょっとこだわったデザインのものがおすすめです!きゅっとよせられた袖口のギャザーが、とっても愛らしいギャザーデニムジャケット。着たときに手首が見える絶妙な袖丈で、華奢見せ効果が期待できます☆さりげない女の子っぽさとコンパクトなシルエットは、オーバーサイズコーデとも相性◎。ボリュームのあるボトムスに合わせるだけで、コーデがぐっと締まります。胸まわりにゆとりを持たせるためにつくられたフロントプリーツも、デザインのポイントに♪肌寒いときはコートの下に着て、アウターの中からちら見せするのもおしゃれです♡ボタンを上まで留めて、シャツ感覚で着るのもおすすめ。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Lady Lee フェイクファー付きデニムジャケット <インディゴブルー>の商品写真

かっこよくなりがちなGジャンを、レディ仕様に!

衿のフェイクファーが女の子らしい、デニムジャケットを入荷しました。コンパクトなサイズ感で、ロングスカートやパンツとも相性バツグン!フェイクファー部分は取り外しができ、シンプルなデニムジャケットとしても使えるので、春まで着られのもうれしいポイントです♪アウターとしても、コートの下のインナーとしても◎。ロングシーズン活躍してくれます! <ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! Lady Lee フェイクファー付きデニムジャケット <ダークインディゴブルー>の商品写真

かっこよくなりがちなGジャンを、レディ仕様に!

衿のフェイクファーが女の子らしい、デニムジャケットを入荷しました。コンパクトなサイズ感で、ロングスカートやパンツとも相性バツグン!フェイクファー部分は取り外しができ、シンプルなデニムジャケットとしても使えるので、春まで着られのもうれしいポイントです♪アウターとしても、コートの下のインナーとしても◎。ロングシーズン活躍してくれます! <ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! LadyLee エンジニアジャケット <キナリ>の商品写真

ロング丈のアウターに飽きたら、狙うはショート丈ジャケット!

大人気ブランドLeeより、エンジニアジャケットを入荷しました。上半身をすっきりと見せてくれるノーカラーデザインとショート丈。ぽんわりとした袖が女の子らしく、マンネリしがちな秋冬コーデの救世主です!デニムやチノパンはもちろん、ロングスカートとの相性もバッチリ。フロントポケットやブランドロゴなど、細部にこだわりが詰まっています。カラーはやわらかな印象の<キナリ>、どんなボトムスにも合わせやすい<ブルー>の2色。<ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! LadyLee エンジニアジャケット <ブルー>の商品写真

ロング丈のアウターに飽きたら、狙うはショート丈ジャケット!

大人気ブランドLeeより、エンジニアジャケットを入荷しました。上半身をすっきりと見せてくれるノーカラーデザインとショート丈。ぽんわりとした袖が女の子らしく、マンネリしがちな秋冬コーデの救世主です!デニムやチノパンはもちろん、ロングスカートとの相性もバッチリ。フロントポケットやブランドロゴなど、細部にこだわりが詰まっています。カラーはやわらかな印象の<キナリ>、どんなボトムスにも合わせやすい<ブルー>の2色。<ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。 伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! こなれたシルエットがかなうオトナも着やすい大きめGジャン by MAKORI <インディゴブルー>の商品写真

オトナの希望をくみとった、ほどよいGジャンの完成です!

<気持ち>Gジャンてカジュアルで、どっちかというと若者に似合うシルエットのものはたくさんあるけど、オトナが着れるほどよいものあまりないなあというイメージありませんか?でも、ちょっぴりオンナっぽいワンピに合わせるGジャンがあればと思うことや、やっぱり季節の変わり目にベンリだったり、ああ、ほどよく大人っぽいGジャンがあればなあ……と思うこともしばしば。ジャストサイズだと今っぽさが出ないし、かといって古着を買うほどコレクターでもないし。で、ほしかったシルエットのGジャンを見つけたので、作っちゃったという流れです。<デザイン>大きめのシルエットはもちろんだけど、ゴツく見えては意味がありません。肩のラインはきゃしゃに見えるように、そして腰回りはギャザーを入れて、ぷっくりさせてサイドからのシルエットはちょっぴり女らしく見えるようにしました。色落ち具合とムラは、あえてちょっぴりムラに見えるよう、古着のGジャンをモデルに細かく作りました。<着こなし>オススメは花柄のワンピースや、大人っぽいオールインワンなどの上に羽織ってこなれた雰囲気を出すのがオススメです。大きめシルエットなので寒くなってきたらインナーダウンなどを着込んでも。いつもよりちょっぴりカジュアルダウンしたい方にもオススメの1枚です。

☆
haco! Wrangler どんなボトムスにも合わせやすいショートGジャン <インディゴブルー>の商品写真

品と女っぽさを両立、女性のためのデニムジャケット

〈Wrangler〉から、女性のためのショートジャケットが入荷しました。 だぼっとしすぎていない、ほどよい肩落ちのゆるシルエットで、 衿を抜き気味で着るとかわいく仕上がります。 生地に適度なハリがあり、うつくしい色合いのインディゴブルーなので、 ラフになりすぎず、きれいめコーデにもぴったりです。 ボタンはラングラーのロゴ入りで、老舗ブランドの風格も漂います。コンパクトな丈感なので、ワイドパンツはもちろん、ワンピースに羽織るのも素敵です♡

☆
haco! Wrangler どんなボトムスにも合わせやすいショートGジャン <ダークインディゴブルー>の商品写真

品と女っぽさを両立、女性のためのデニムジャケット

〈Wrangler〉から、女性のためのショートジャケットが入荷しました。 だぼっとしすぎていない、ほどよい肩落ちのゆるシルエットで、 衿を抜き気味で着るとかわいく仕上がります。 生地に適度なハリがあり、深みのあるうつくしい色合いのダークインディゴブルーなので、 ラフになりすぎず、きれいめコーデにもぴったりです。 ボタンはラングラーのロゴ入りで、老舗ブランドの風格も漂います。 コンパクトな丈感なので、ワイドパンツはもちろん、ワンピースに羽織るのも素敵です♡

☆
haco! Lady Lee BOA STORM RIDER <ライトインディゴブルー>の商品写真

今年も、これからも、Leeの定番ストームライダー

<Lee的ウンチク>「STORM RIDER」は、もともとはカウボーイの防寒着として着用されていたLeeの定番アイテム。ちまたでは「永遠の名作アウター」とも言われています。<仕様>デザイン性と補強の実用性に優れたフロントのジグザグステッチ、バックストラップ廃止後に採用された腰部分のサイズ調整のためのアジャストボタンなど、「101J」のディテールにボアを組み合わせた防寒性の高いジャケットです。身ごろの内側は総ボア、袖裏は腕が通しやすいキルティング加工になっています。<着こなし>ボトムスの着こなしが映え、ゴワつかずスッキリとご着用できます。防寒アウターとして1着はもっておきたい定番アウター。女の子らしいワンピースやスカートとも相性抜群です。

☆
haco! Wrangler しっかりデニムがかっこいい本格派Gジャン <ライトインディゴブルー>の商品写真

どこか古着の雰囲気がある、本格派Gジャン

Wrangler(ラングラー)とは、、カウボーイやロデオライダー向けジーンズで有名なジーンズブランド。リーバイス、Leeと並んで、アメリカの3大ジーンズブランドのひとつです。このGジャンは過去の名品を忠実に復刻した本格的な1枚。ポケットの「W」のステッチや、フロントのジグザグステッチ、ポケットまわりの作りなどまさにラングラーな1枚。 素材感もちょっぴり無骨な感じや、細すぎず大きすぎないザ・ストレートな形も今見るととてもかわいいシルエットに仕上がっています。花柄のワンピやレーススカートなど、ちょっぴり女の子らしいアイテムに合わせるとかわいいです。

☆

haco!のデニムジャケットを使ったコーデ
powered byWEAR