デニムパンツの検索結果12アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! これさえあればいつものコーデが2割増でおしゃれに見える バックスリットが今っぽいデニムパンツby who made me <グレー>の商品写真

デニムの3大困ったをちゃちゃっと解決!

<!--ありーとモコトの対談ここから--> <table cellspacing="1" style="text-align: left"> <tr> <td style="width: 25%;"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/haco.jp/contents/img/whomademe/ari_3.png" style="width:70%;"></td> <td style="width: 75%;"><b>新米企画スタッフ ありー。</b> 流行に敏感ななか、芯のある大人おしゃれに憧れる。先輩に“欲”を伝えて“おしゃれな大人“の階段登るべく、邁進中!(ちなみに前職は鉄骨階段の設計担当)</td> </tr> <tr> <td style="width: 25%;"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/haco.jp/contents/img/whomademe/mokoto_3.png" style="width:70%;"></td> <td style="width: 75%;"><b>先輩企画スタッフ モコト。</b> haco!スタッフみんなが頼るおしゃれ番長。古着も好き。お洋服のデザインの歴史や意味、見えないディテールまでのこだわりも好き。who made meの最初の「who」に抜擢されて燃えている。</td> </tr> </table> <!--ありーとモコトの対談ここまで--> <p style="text-align: left"> <br> <font color="#808080"><b>===STORY===</b></font><br> <font color="#808080"><b>ありー)</b></font>デニムって買った後いつまで着てていいか悩みます。着まわししやすいだけに、いつか着れるかもってずっと手放せなくて地味にクローゼットを圧迫…。いつアップデートしたらいいのやら。ど定番なデニムにも、<b>旬な形</b>とかあるんですかね?<br> <br><font color="#808080"><b>モコト)</b></font>あるある!シルエットもデザインも、ちょっとずつ進化してるから、新鮮なコーデができるのももちろんあるよー!デニムって歴史が深いからねぇ。なんせ昔は…<br> <br><font color="#808080"><b>ありー)</b></font>あ、歴史は今度で大丈夫です。でも、デニムと新鮮さって対極なものかと思ってました。Tシャツをインしてきたら、アメリカの陽気なおじさんみたいになるんですよね…。<b>「デニムの困ったその1:トップスちゃんとしなきゃテキトーコーデに見える」</b>コレなんとかお願いします。(丸投げ)<br> <br><font color="#808080"><b>モコト)</b></font>ヨシ。ほどよいラフさが出るように<b>裾は切りっぱなし</b>にして、<b>後ろにはスリット</b>をいれよう。足首がチラッと見えると女っぽいし、ちょっとだけフレアーシルエットっぽくなって今っぽさも簡単に取り入れられるよ◎。<br> <br><font color="#808080"><b>ありー)</b></font>おおー!裾だけなのに一気に新鮮にっ!<br> <br><font color="#808080"><b>モコト)</b></font>肝心なシルエットはどうしよっか。<br> <br><font color="#808080"><b>ありー)</b></font>そこなんですよね。<b>「デニムの困ったその2: すっきり見えたいけどスキニーをはく勇気は出ない」</b>これなんですよね。<br> <br><font color="#808080"><b>モコト)</b></font>じゃあ、<b>裾に向かってゆるやかに細くなるストレートシルエット</b>にしとこう。お尻周りはぴったりしないから着心地もいい感じ。ついでにセンターに縫い目もいれて<b>縦のライン</b>を強調させよう。センタープレスみたいにアイロンがけしなくても消えない縫い目だから楽ちんでしょ〜!<br> <br><font color="#808080"><b>ありー)</b></font>一生もののセンターライン、うれしいですーっ!最後のわがままなんですが<b>「デニムの困ったその3:カジュアルになりすぎる」</b>これはさすがにどうにもならないですよね…。<br> <br><font color="#808080"><b>モコト)</b></font>そのへんは、ちょっとしたデザインで解決できるんだなー。まず、きれいめのスラックス系のパンツとかによく使われる<b>ボタンのないすっきりとしたウエストデザイン</b>にしたらいいんだよ〜。それから女っぽさが出るように、股上を深くして丸みのあるシルエットに!あとは<b>ステッチ</b>。よくある金茶じゃなくて身生地と一緒にしといたらさっぱりした印象になって大人っぽく着こなせるよ!<br> <br><font color="#808080"><b>ありー)</b></font>だ、脱帽です。<br> <br><font color="#808080"><b>===DETAIL===</b></font> <br><font color="#808080"><b>〈素材・カラー〉</b></font> <br>素材はほどよい厚みのデニム素材です。誰かが3回はいといてくれたくらいの柔らかめの着心地!(笑)カラーは、「年中着られてなんとなくおしゃれに見える色でお願いします」と伝えたら出てきた、夏場でも重たく見えないグレー。モコト先輩に調整してもらったとっておきカラーです。 <br><font color="#808080"><b>〈コーディネート〉</b></font> <br>デニム自体にデザインがあるので、シンプルなTシャツを合わせるだけでおしゃれに見えるコーデが簡単に完成するのがうれしいところ!でもこってりしすぎていないので、甘めのレースブラウスとも相性◎。何合わせてもいけるなんて、安心して二度寝できそうです(笑)。</p>

☆
haco! Lady Lee ハイウエストバギーテーパードジーンズ <インディゴブルー>の商品写真

クールで美しい、私に自信をくれる一枚

ちょっぴり無骨な素材感がかっこいい、バギーパンツが入荷しました。腰まわり、太ももまわりにゆとりがあるデザインで、裾にかけて細くなっています。ウエスト部分はタック入りで、ウエストインもばっちりキマる絶妙なシルエット。ニットやTシャツに合わせるだけで、かっこよく仕上がります。スニーカーはもちろん、きれいめパンプスとの相性もバツグンです。少しダメージ感のある加工をほどこすことでこなれ感が生まれ、まるで長年育ててきたデニムのよう♡デニムを知り尽くした「Lee」ならではの、クールさと美しさを兼ね備えたアイテムです。カラーはコーデを引き締めてくれるダークインディゴブルーとやわらかな印象のインディゴブルーの2色。

☆
haco! チュニックやワンピースとも相性抜群!楽ちんストレッチの短め丈デニムパンツ <インディゴブルー>の商品写真

最近コーデがマンネリ化してきたな、と思ったらデニムの買い替えどき。

<b>デニムはコーデの必需品。だからこそ、酷使しすぎてへたってきたり、愛用しすぎていつまでも同じデニムをはいてしまったり。登場回数が多いからこそ、デニムに新しいシルエットのものを取り入れると、毎日のコーデがぐっと新鮮になります。パッとはくだけで今っぽく見えるのがいい。でもコーデに困らず、ちゃんと長くはきたい。すっきりかっこよく見えるのがいいけれど、スキニーほどピタピタしたのはちょっと無理。なんだかんだ、やっぱり楽ちんなのがいい。そんな全てを叶えてくれる、究極のデニムパンツを作っちゃいました。</b><br> <b>〈デザイン〉</b><br> 新鮮な風を吹き込むべく、ちょっと細めのシルエットに。でも細すぎると脚のラインが気になる!というわけで、スキニーよりもゆとりある、細すぎず太すぎず絶妙なサイズに仕上げました。そして裾がほのかに広がっているようなそうでもないような(笑)これまたものすごく絶妙な具合!このシルエットが、今っぽいけど流行り物すぎず、ちゃんと長くはける、こだわりなのです。また上は深めに、ウエスト位置が高くバランスよく見えるように。後ろ姿は、あえて大きめのポケットをつけて小尻効果を狙っています。ヒップアップして見える配置も計算済みです。どんなトップスともバランスよく着られて、さりげなく女っぽく見えるように、ほんのり短めの丈感なのもポイントです◎。 <br> <b>〈素材〉</b><br> 窮屈なのは嫌だけど、ゆるゆるすぎて太く見えるのも嫌。ほどよく細身に、でもピタピタすぎず、快適に。そのバランスを実現できる、動きやすくて楽ちんなストレッチの入ったデニム素材をセレクトしました。下着のラインが気になるほど薄くなく、夏でも暑苦しくなく着られるくらいのちょうどいい厚みです。<br> <b>〈カラー〉</b><br> シルエットに今っぽさがあるからこそ、カラーは、とことん定番の濃いめのインディゴブルーに。ステッチカラーも同系色にすることで、重ね着したときにもガヤガヤせず、合わせやすい仕上がりです。シックなカラーが全体にキリリと引き締めてくれるから、ワイドデニムを着慣れたゆるんだ身体でも安心です♡<br> <b>〈コーディネート〉</b><br> トップスに甘めのレースやフリルのものを合わせてもかっこよく見せてくれるので、普段より甘めのトップスにも挑戦できそうです。流行りのチュニック丈のトップスも、このシルエットなら簡単にコーデが決まります。ワンピースとの重ね着も、短め丈のおかげで重くなりすぎずにスッキリバランスよく仕上がります◎。新鮮なのに便利で、楽ちんなのにかっこいい。どれも叶える、秘密道具みたいなデニムです。

☆
haco! いつものトップスを合わせるだけでパッとコーデが新鮮になる!便利なエクリュパンツ <キナリ>の商品写真

窮屈さフィニッシュ!見た目フレッシュ!気持ちリフレッシュ!

<b>究極の白パンツがあれば…。コーデを考えるとき頭によぎる「こんなのあれば…」の欲望を詰め込んだ究極の1本です。正しく言えば、白ではなくエクリュカラー(生成り)です。しかし、それにも理由ありです。印象は白!お手入れしやすいくすみ(真っ白はやっぱり少しの汚れも目立つ)、どんな色ともなじむ!そんな白に近いエクリュカラー(生成り)を追い求めて完成しました。 <br>〈デザイン〉</b> <br>「窮屈さフィニッシュ!」させるための、テーパードシルエットに。太ももまわりが窮屈だと、クローゼットのスタメンから外れていく…、そんな経験を繰り返した企画担当がこだわりつくしたシルエットです。とはいえ、らくちん欲バレバレな見た目は厳禁! 眠い朝も、仕事終わりの夜も「見た目フレッシュ!」は大事。そこで、ウエスト位置と足首までのシルエットに注目。ウエスト位置が高く見せて脚長効果のある、股上深めデザインに。履き心地も増して一石二鳥。そして、太ももにゆとりをもたせていることが強調されないように、太ももから裾にかけてさりげなく細くしてスラリ見せ。膨張色のパンツで気になるのは”おしり”。後ろポケットを”やや”大きめに設定。膨張色は大きすぎると逆効果なので、おしりが強調されず、シルエットをごまかすポケットサイズにこだわりました。 <br><b>〈カラー〉</b><b>〈素材〉</b> <br>「気持ちリフレッシュ!」したいときに選びたい白!に近くて、お手入れしやすいエクリュカラー(生成り)を厳選。素材はコットン100%。よく見ると自然なネップがあります。ここにこだわりました。ツルッとしてるより、自然なネップがあるのが大人のこだわり。合わせ方次第で、カジュアルからモードにも使える素敵な素材です。気になる透け感は、濃い色のインナーは避けてください。分厚すぎると重たくて動きにくくなったため、着心地を重視しつつ、薄い色のインナーが響かない厚さにしました。もちろん洗濯機洗いできます! <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>甘めのブラウスとも、甘くなりすぎずきれいめに仕上がります。ワンピの下からのぞかせても、素材に雰囲気があるので重ね着も大人な雰囲気に。シンプルなトップスに、アクセをさりげなく付けて、髪を無造作にしばる大人カジュアルもおすすめです。靴は、ヒールもバレエシューズもスニーカーも、合わないものはない。といい切れるほど、万能なボトムスです。 <br> <br> <b><center>『まだまだ言いたい! こぼれ話 by企画担当』<br>コーデやこだわりポイントなどさらに詳しい内容はこちら</center></b> <a href="https://continew.haco.jp/entries/54002"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/haco.jp/contents/%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E8%A9%B1%E7%94%A8/0514_kobore_800_400.jpg" style="width:100%;">

☆
haco! LadyLee ドロップクロッチデザインのストレートデニム <ライトインディゴブルー>の商品写真

迷ったらコレ!な一本

<b>今日はまったりモードだから、らくちんコーデで!ってときの気分にぴったりな、デニムをセレクトしました。</b> <br><b>〈デザイン〉</b><br> ドロップクロッチとは「股が落ちてる=股上は深い」と言う意味。はいたときに腰ではいているように見える、ゆるっと気の抜けたデザインを、ストレートデニムに落とし込んだ一本です。古着屋さんにありそうな絶妙なダメージ感に、明るめのインディゴブルーの色合いがポイント。トレンドに左右されないストレートデニムに、ちょっぴりルーズな腰ばきスタイルの組み合わせが、こなれ感のあるコーデを叶えてくれること間違いなしです。 <br><b>〈コーディネート〉</b><br> オーバーサイズのトップスを合わせて、とことんゆるゆるコーデにしてもかわいいですが、短め丈のトップスと合わせて、メリハリを出した大人っぽコーデを楽しんでも◎。いろんなトップスと相性がいいので、万能ボトムスとして毎日手にとってしまいそう。 <br><b>〈ブランド情報〉</b><br> Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! LadyLee らくちんテーパードデニム <ブラック>の商品写真

定番ボトムスのアップデート

<b>大人でもヘビロテできるデニムパンツがほしい!ということで、動きやすく、快適なはき心地のLadyLeeのテーパードパンツをセレクトしました。 </b> <br><b>〈デザイン〉</b> <br>全体的に程よくゆとりを持たせながら、女性らしいヒップラインと、気になる太ももをカバーしてくれるシルエットになっています。少し裾しぼりになった大人っぽいデザインは、きれいめトップスとも相性バツグン★ <br><b>〈カラー・コーディネート〉</b> <br>カラーはコーデをワントーン明るく見せてくれる<ブルー>と、万能でコーデをぐっと引き締めてくれる<ブラック>の2色。着こなしを選ばず、何に合わせてもバランスよくこなれた印象にしてくれる優秀デニムです。お手持ちトップスと合わせれば、グンと新鮮なコーデが生まれそう♪ <br><b>〈ブランド情報〉</b> <br>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! LadyLee 着こなしを選ばないストレートデニム <インディゴブルー>の商品写真

飽きないストレートの魅力

<b>コレは長ーく愛用できそう!とスタッフが確信!腰高効果でスタイルアップも期待できそうな、LadyLeeのストレートデニムをセレクトしました。 </b> <br><b>〈デザイン〉</b> <br>深めのウエストに、ストンとまっすぐに落ちるストレートラインで、さまざまなコーデになじみやすいシルエットになっています。すっきりとした直線的なラインが特徴的で、しなやかでやわらかいはき心地が◎。 <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>着こなしを選ばず、どんなトップスと合わせてもこなれた印象にしてくれるのがうれしいポイントです。オールシーズンはけて、カジュアルにもきれいめにも使える、万能デニムとしてオススメ♪ <br><b>〈ブランド情報〉</b> <br>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆
haco! Urvin[Camille] ボリュームたっぷりでも大人っぽいワイドデニム <アイボリー>の商品写真

ずーっとはいていたくなるような、やわらかデニム

<b>毎日はきたくなるような、はき心地バツグンのUrvinのワイドデニムパンツが入荷しました。</b> <br><b>〈デザイン&カラー〉</b> <br>しっかり厚みもあるので、はいたときに体のラインを拾いにくいのがうれしいポイント。ストンと落ちる裾が、女性らしいきれいなシルエットを演出してくれます。真っ白すぎない、あたたかみのあるアイボリーカラーは、お手持ちのトップスにあわせるだけで、パッと明るくやさしい気分にしてくれそう。 <br><b>〈コーディネート〉</b> <br>ゆったりめのトップスとあわせて、上下ゆるっとさせたコーデにしてもかわいいです。同じ素材でつくられた、Gジャンとセットアップであわせるのもおすすめ♪ <br><b>〈ブランド情報〉</b> <br>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Wrangler 自分で裾上げできる!サイドスリットストレートデニム <ブルー>の商品写真

好きな長さにカットできる!美脚シルエットデニム

根強い人気のWranglerのデニム!今回セレクトしたのは、すっきりデザインが大人っぽいストレートシルエット。長めに仕上げてある前のスリット部分に「かん止め」という止め縫い加工が施してあり、自分で少し短めにもカットできるというアイテムです。センタープレスが入っているので、足をすっと長く見せてくれる効果も♪ スリットがポイントになったデザインは、長め丈トップスと合わせてもかわいいです。ロングシーズン使えるデニムだからこそ、お気に入りの丈感でおしゃれを楽しみたい方にオススメ。<ブランド情報>Wrangler(ラングラー)。アメリカの3大ジーンズブランドの一つと言われている、カウボーイやロデオライダー向けジーンズで有名なジーンズブランド。ノースカロライナ州グリーンズボロにて1904年にC.C ハドソンによってハドソン・オーバーオール社から始まりました。デニムウエアに初めてデザイン要素を取り込んだブランドで、当時は作業着でしかなかったデニムにファッション性をもたらし、絶大なる支持を受けました。

☆
haco! Urvin [Mauriat] NEWスキニーデニムISKO <ブルー>の商品写真

はきやすさにこだわった、私に優しい新スキニー★

「スキニーパンツって、締め付けが苦しくて苦手...。」そんな方にこそおすすめしたい!スッと肌になじむような、はき心地バツグンのスキニーデニムをセレクトしました。その名も”NEWスキニーデニム”。ストレッチ素材なので柔らかいのはもちろん「これはデニムなの?!」とスタッフが疑ってしまうくらい、すごーく伸びるんです!そのため、座ったりしゃがんだりしても、お腹や骨盤まわりの窮屈感がほとんどありません。それでいてカラダのラインを拾いすぎず、脚をきれいに魅せてくれる優秀デニムになっています★ 絶妙な色落ち感や、やりすぎないダメージ加工もポイント。ラフな大人っぽさを演出してくれるので、甘めのトップスとも相性◎です。レギンス感覚で、ワンピースの中にはくボトムスとしてもおすすめ。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! Urvin Mcroppe スキニークロップドデニム <インディゴブルー>の商品写真

ちらっと足首が見える絶妙着丈で、華奢見え効果☆

トップスを選ばず、スニーカーやサンダル、ヒールなど色んなタイプの靴とも相性抜群、くわえて美脚シルエットの三拍子そろった、万能パンツをセレクトしました!ごまかしのきかないシンプルなデザインだからこそ、カッティングとラインにこだわりぬいた、Urvinのスキニークロップドパンツ。とにかくはいた時のシルエットがきれいで、トップスとのバランスが取りやすい!のがおすすめの理由です。ちらっと足首が見える絶妙着丈で、足のラインをすっきり見せてくれるのが、うれしいポイント☆ オールシーズン、いつでもちゃっかり美脚な上、トレンドのゆるトップスとも相性◎です。きれいめに加工されたインディゴブルーは、トップスの色を選ばないので、迷ったときについ手が出ちゃう一本になりそう♪ ワンピースと合わせて、レギンスのように使うのもおすすめです。<ブランド情報>Urvin(アーヴィン)。Urban = 都市・都会的、Vintage = ヴィンテージ・古き良きもの。2つの言葉を掛け合わせた造語Urvin。都会的なシルエットやデザインでありながら、古きものにインスパイアされたヴィンテージライクな加工やモデル。素材へのこだわりを大切にしながら、現代にはまる女性らしいきれいなライン。それは、ベーシックなものにこそ上質な素材や着心地がわかる、シンプルな中にもどこか品のある、ちょっとしたこだわりを大切にする凛とした女性に向けて。Urvinは、岡山県児島の生地メーカー発というまったく新しいレディースブランドとして生まれました。

☆
haco! LadyLee すっきりストレートデニム <ライトインディゴブルー>の商品写真

長ーく愛せる、美脚デニム★

ワイドパンツやスキニーパンツなど、さまざなデザインが存在するデニム。今季は腰高効果でスタイルアップしてくれるストレートデニムが新鮮です♪ トレンドの深めの股上に、ストンとまっすぐに落ちるストレートラインは、さまざまなコーディネートにマッチする万能シルエット。直線的なラインが、脚をすっきりと見せてくれるのが特徴です。しなやかで柔らかいはき心地も◎。シンプルTシャツやちょっと甘めのブラウスなど、何に合わせてもバランスがとりやすく、こなれた印象にしてくれるのもうれしいポイントです。カラーは<インディゴブルー>と<ライトインディゴブルー>の2色。ナチュラルコーデやカジュアルコーデにも使えるので、長く愛せるアイテムとして、ひとつは持っておきたい一本です。 <ブランド情報>Lee(リー)。1889年 アメリカ カンザス州 サリナで産声を上げたLee。伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴です。

☆

haco!のデニムパンツを使ったコーデ
powered byWEAR