"ピアス" ファッション雑貨 ゴールド系の検索結果38アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! 神社YELL 上賀茂神社×小林モー子 二葉葵 ピアス <ゴールド>の商品写真

神社YELLプロジェクト特別企画、京都の上賀茂神社と刺繍家小林モー子さんのコラボレーション作品が登場です。

上賀茂神社の象徴として古くから伝わる二葉葵がモチーフ。二葉葵はその名の通り、茎から対になって生えてくるそう。ピアスになったのもその由縁ですね。 ハートのような形が愛らしく、色合いはあえて、華やかなゴールドとシルバーで構成しているので、美しさもあります。フランスに古くから伝わり、オートクチュールでも使用される、リュネビルという刺繍技法を使った細かな技術はまさに圧巻。作品は、希少価値の高い極小のアンティークガラスビーズを使い、一針ずつ、一粒ずつ、アトリエで完全手作業で、丁寧に刺繍されています。伝統と格式ある二葉葵がより一層美しさを放ちます。

☆
haco! てとひとて Alex Monroe Top & Tails Bunny Stud Earrings GD <ゴールド>の商品写真

仲良くぴょんぴょん

CHASEという動物たちの会話や追いかけっこを表現したシリーズ。うさぎたちが追いかけっこしているシーンのピアスです。右耳と左耳にそれぞれうさぎのモチーフがあり、つけるとまるで、私のまわりでうさぎたちが追いかけっこしているようです。くすっとするようなユニークさが愛らしいです。

☆
haco! てとひとて Amito フルムーンピアス <ゴールド>の商品写真

はかなくも美しい光を放つ、金糸のきらめきに魅せられて

京都のラメ糸メーカーで、Amito別注品として作られた金糸を使用。しなやかでこしがあり、上品な色合いはほかではなかなか見つからないそう。それらを精巧に金属フープに結びつけていき、アクセントにダイアモンドの原石があしらわれています。金属とはまた違った、糸ならではの美しい輝きをお楽しみください。

☆
haco! てとひとて×Amito CONTINEW スフレ シェルピアス <ゴールド>の商品写真

貝殻みたい? しずくみたい?

CONTINEW(つづけながら新しくしていく)をテーマにした、てとひとて限定のピアス。ヴィンテージならではの味わいが光るスフレビーズと、ひと針ずつ、ていねいに編みあげた絹のひも。ふたつのハンドメイドを合わせて、繊細な趣のチャームに仕立てています。オートクチュールドレスの刺しゅうなどに使われていたビーズは、約50年前に、吹きガラスの手法でつくられた貴重なものです。上品な輝きを浮かべるチャームを長いチェーンの先にとめて、揺らめくデザインに。砂浜で探した貝殻や、朝つゆを思わせる、クラシカルな印象のピアスです。

☆
haco! てとひとて Amito WAVEピアスL  <ゴールド>の商品写真

見つけた、糸の可能性

金属とは異なるやさしいマット感が、女性らしさ引き立ててくれるピアスです。モチーフは、波打つフープに、糸をていねいに結びとめて仕上げました。光を受けると、一瞬ごとに、新しい表情が浮かびます。シンプルなサークルがゆらり、揺れるたびに視線を集めて――。ひと結びごとの糸が見せる豊かな趣きからは、Amitoが追及している糸の可能性を感じ取っていただけるはず。存在感のある大きめモチーフを、どこか軽やかに装える。それもまた、糸という素材の魅力です。

☆
haco! てとひとて Amito WAVEピアスS <ゴールド>の商品写真

ゆらめく糸が見せる表情

チェーンの先でゆらり。動くと揺れる小ぶりなサークルが、光の角度によって、表情を変えていく。ひかえめなモチーフが不思議と目を引くのは、波打つフープに、糸をていねいに結びとめて仕上げているから。糸のひと目ひと目が見せてくれる繊細な趣きは、糸の可能性を信じ、追求するAmitoが生み出した味わいです。金属とは違ったやさしいマット感が、女性らしさを引き立ててます。シンプルな中に、凛とした美しさが光るピアスです。

☆
haco! CNL for 神社YELLプロジェクト 立砂ピアス <ゴールド>の商品写真

わたしのよりどころ、二つの立砂

上賀茂神社に凛とたたずむ二つの立砂。そこは神さまが降りてくる拠り所で、実は厄除けの風習となっている『盛り塩』の起源なのです。そんな立砂がずっと自分に寄り添ってくれているような、耳飾りを作りました。そっと耳もとで揺れながらYELLを送ってくれます。CNLとは(?CONTINEW LABO)・・みんなの未来を創る活動をお手伝いしたいという思いから発足したプロジェクトです。CONTINEWとは「続く」を意味するCONTINUEの最後をNEWに変えた造語。 この言葉には、ただ続くだけではなく新しく変わり続けることで、今の枠組みにとらわれず、新しい未来を描いていきたい、という思いを込めています。「What do we CONTINEW?」 さぁ、だれとどんな未来をつくりましょうか?

☆
haco! CNL for 神社YELLプロジェクト 立砂イヤリング:ゴールド <ゴールド>の商品写真

わたしのよりどころ、二つの立砂

上賀茂神社に凛(りん)とたたずむ二つの立砂。そこは神さまが降りてくる拠り所で、実は厄除けの風習となっている『盛り塩』の起源なのです。そんな立砂がずっと自分に寄り添ってくれているような、耳飾りを作りました。当初はピアスだけでしたが、巫女さんからのリクエストでイヤリングも追加。そっと耳もとで揺れながらYELLを送ってくれます。CNLとは(?CONTINEW LABO)・・みんなの未来を創る活動をお手伝いしたいという思いから発足したプロジェクトです。CONTINEWとは「続く」を意味するCONTINUEの最後をNEWに変えた造語。 この言葉には、ただ続くだけではなく新しく変わり続けることで、今の枠組みにとらわれず、新しい未来を描いていきたい、という思いを込めています。「What do we CONTINEW?」 さぁ、だれとどんな未来をつくりましょうか?

☆