"二宮佐和子"の検索結果32アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! Stitch by Stitch ポケットから大好きな鳥さんがこんにちは!Lee for PBP シルエットがきれいなデニムパンツ <インディゴブルー>の商品写真

大好きな鳥さんがポケットからぴょっこり

インドガールズからの刺繍アイテム、第5弾のデビュー!今回のテーマはインドガールズたちの「好きなもの」 PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服にインドガールズたちが一針一針、手刺繍をした「世界にひとつだけのアイテム」の登場。インドオリッサ州のLebed村からいつもより時間をかけて、車やトラック、電車、飛行機とあらゆる交通手段を駆使してようやく日本に入荷することができました! <刺繍モチーフのおはなし>インドには色鮮やかな鳥さんがたくさんいます。刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドにいくと、よくガールズたちがお絵描きしてくれるのですが、そこに登場するのは目をみはるような鮮やかカラーの鳥さんたち。そんなガールズたちの大好き!をデニムのポケットからぴょっこりのぞかせた何とも愛らしい刺繍アイテムです。<デニムパンツのおはなし>デニム素材では世界的な評価を得る広島県のカイハラ株式会社が仕上げてくれた理想のオーガニックコットンデニムを使用して、Leeとコラボしたジーンズのシリーズ。本格的な仕上げながら、女の子にもはきやすいやわらかな素材感、Leeでも定番人気を誇る合わせやすいゆるニュアンスのテーパードシルエットで、発売からずっと大人気です。かっこいい系の〈ダメージ〉、お気に入りになること間違いなし!<Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。スタートから3年がたち、刺繍の技術を自分のものにしていっています。中には村の女の子に刺繍のコツを教えるメンバーもでてきています!

☆
haco! Stitch by Stitch 子猫たちが楽しく戯れて。CANTON FOR PBP サーキュラースカート <ベージュ>の商品写真

裾もとで戯れる 愛らしい子猫たち。

インドガールズからの刺繍アイテム、第5弾のデビュー!今回のテーマはインドガールズたちの「好きなもの」 PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服にインドガールズたちが一針一針、手刺繍をした「世界にひとつだけのアイテム」の登場。インドオリッサ州のLebed村からいつもより時間をかけて、車やトラック、電車、飛行機とあらゆる交通手段を駆使してようやく日本に入荷することができました!<刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんはインドガールズたちといろんな話をします。好きな食べ物、家族のこと、行ってみたい場所、などなど。インドではほとんど猫ちゃんを見たことがないのですが、ガールズたちは佐和子先生の猫ちゃんの作品にうっとり。猫ちゃんのとりこになり、今回大好きな動物の作品が生まれたのです!<サーキュラースカートのおはなし>世界に誇る日本ジーンズブランド「キャントン・オーバーオールズ」と一緒に何と! キャントンとして初のスカートを作ってみました! すそを広げると円形になるフォルムで、ふわりと広がるガーリーなシルエットが新鮮。PBPオーガニックコットンの高密度ポプリン生地を使用した、軽やかな着心地です。前にはかわいいポケット、後ろにはオリジナルコラボのタグが付いていて、前後どちらも着こなせます。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に付け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。スタートから3年がたち、刺繍の技術を自分のものにしていっています。中には他の村の女の子に、刺繍のアドバイスをできるメンバーもでてきています!

☆
haco! Stitch by Stitch インドの山々が力強くそびえたつFRAMeWORK FOR PBP ドルマンプルオーバー <ネイビー>の商品写真

山々が力強くそびえたつメンズライクな1枚

インドガールズからの刺繍アイテム、第5弾のデビュー!今回のテーマはインドガールズたちの「好きなもの」 PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服にインドガールズたちが一針一針、手刺繍をした「世界にひとつだけのアイテム」の登場。インドオリッサ州のLebed村からいつもより時間をかけて、車やトラック、電車、飛行機とあらゆる交通手段を駆使してようやく日本に入荷することができました! <刺繍モチーフのおはなし>山に囲まれた国、日本で育った刺繍アーティストの二宮佐和子さんにとって、山は特別な存在。そんな佐和子さんがインドガールズに行ってみたい場所を聞いたところ、「山」という声が。ヒマラヤ山脈なのか、日本の山なのか、世界のどこかの山なのか。どうやらガールズたちは山に旅に出たいようなのです。そんな思いを込めたこの作品が生まれました。<プルオーバーのおはなし>人気ブランドのFRAMeWORKとコラボすることで生まれた、トレンド感がありながらも着心地のよいプルオーバー。ドルマンスリーブやジップポケット、首まわりやすそのねじりテクニックなど、FRAMeWORKらしい気のきいたデザインがポイント。ヒップが隠れる長めの丈感で、ブラウジングしてもきれいに着こなせます。<Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。スタートから3年がたち、刺繍の技術を自分のものにしていっています。中には他の村の女の子に、刺繍のアドバイスをできるメンバーもでてきています!

☆
haco! Stitch by Stitch 子猫たちが楽しく戯れて。CANTON FOR PBP サーキュラースカート <レッド>の商品写真

裾もとで戯れる 愛らしい子猫たち。

インドガールズからの刺繍アイテム、第5弾のデビュー!今回のテーマはインドガールズたちの「好きなもの」 PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服にインドガールズたちが一針一針、手刺繍をした「世界にひとつだけのアイテム」の登場。インドオリッサ州のLebed村からいつもより時間をかけて、車やトラック、電車、飛行機とあらゆる交通手段を駆使してようやく日本に入荷することができました!<刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんはインドガールズたちといろんな話をします。好きな食べ物、家族のこと、行ってみたい場所、などなど。インドではほとんど猫ちゃんを見たことがないのですが、ガールズたちは佐和子先生の猫ちゃんの作品にうっとり。猫ちゃんのとりこになり、今回大好きな動物の作品が生まれたのです!<サーキュラースカートのおはなし>世界に誇る日本ジーンズブランド「キャントン・オーバーオールズ」と一緒に何と! キャントンとして初のスカートを作ってみました! すそを広げると円形になるフォルムで、ふわりと広がるガーリーなシルエットが新鮮。PBPオーガニックコットンの高密度ポプリン生地を使用した、軽やかな着心地です。前にはかわいいポケット、後ろにはオリジナルコラボのタグが付いていて、前後どちらも着こなせます。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に付け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。スタートから3年がたち、刺繍の技術を自分のものにしていっています。中には他の村の女の子に、刺繍のアドバイスをできるメンバーもでてきています!

☆
haco! Stitch by Stitch 首回りがきれいに見える色とりどりの刺繍のスクエアニット <イエロー>の商品写真

ガールズたちが大好きなお花で 世界でひとつの模様ができました

インドガールズからの刺繍アイテム、第5弾のデビュー!今回のテーマはインドガールズたちの「好きなもの」 PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服にインドガールズたちが一針一針、手刺繍をした「世界にひとつだけのアイテム」の登場。インドオリッサ州のLebed村からいつもより時間をかけて、車やトラック、電車、飛行機とあらゆる交通手段を駆使してようやく日本に入荷することができました! <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドを訪問すると、ガールズたちはいつもお花の髪飾りや小さな花束を持って、先生を迎えてくれます。ガールズたちはお花が大好き。自分で好きな柄を刺繍したりお絵描きするときにも、お花がたくさん登場します。今回はそんなお花を佐和子先生がオリジナルの柄にデザインして、お花刺繍でいっぱいの鮮やかなニットが誕生しました!身に着けるだけで心が踊りだしそうな楽しい刺繍柄のアイテムです。<スクエアニットのおはなし>スクエアネックデザインが、すっきりとした表情でスタイリングのポイントになる大人デザインのコットンニット。鎖骨がのぞく感じも大人っぽい雰囲気です。半袖タイプのドルマン袖に切り替えやタックデザインを入れたことで、ぺたっとだらっとしがちなニットトップスがちゃんと見えし、あか抜けたスタイリングが完成します。着心地はさわやかでTシャツ感覚で着ることができて、でも手抜きに見えないおすすめの素材です。<Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。スタートから3年がたち、刺繍の技術を自分のものにしていっています。中には村の女の子に、刺繍のアドバイスをできるメンバーもでてきています!

☆
haco! Stitch by Stitch 首回りがきれいに見える色とりどりの刺繍のスクエアニット <ブラック>の商品写真

ガールズたちが大好きなお花で 世界でひとつの模様ができました

インドガールズからの刺繍アイテム、第5弾のデビュー!今回のテーマはインドガールズたちの「好きなもの」 PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服にインドガールズたちが一針一針、手刺繍をした「世界にひとつだけのアイテム」の登場。インドオリッサ州のLebed村からいつもより時間をかけて、車やトラック、電車、飛行機とあらゆる交通手段を駆使してようやく日本に入荷することができました! <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドを訪問すると、ガールズたちはいつもお花の髪飾りや小さな花束を持って、先生を迎えてくれます。ガールズたちはお花が大好き。自分で好きな柄を刺繍したりお絵描きするときにも、お花がたくさん登場します。今回はそんなお花を佐和子先生がオリジナルの柄にデザインして、お花刺繍でいっぱいの鮮やかなニットが誕生しました!身に着けるだけで心が踊りだしそうな楽しい刺繍柄のアイテムです。<スクエアニットのおはなし>スクエアネックデザインが、すっきりとした表情でスタイリングのポイントになる大人デザインのコットンニット。鎖骨がのぞく感じも大人っぽい雰囲気です。半袖タイプのドルマン袖に切り替えやタックデザインを入れたことで、ぺたっとだらっとしがちなニットトップスがちゃんと見えし、あか抜けたスタイリングが完成します。着心地はさわやかでTシャツ感覚で着ることができて、でも手抜きに見えないおすすめの素材です。<Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。スタートから3年がたち、刺繍の技術を自分のものにしていっています。中には村の女の子に、刺繍のアドバイスをできるメンバーもでてきています!

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむぽんわり袖Tシャツ<くじゃく> <その他>の商品写真

カラフルクジャクさんが、背中ではばたく鮮やかTシャツ

インドガールズからの刺繍アイテム、第4弾のデビュー!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場です。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで出会ったカラフルな動物たちをもとに描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのはクジャクさんたち。カラフルなお花で彩られた羽を広げて、凛とした姿でたたずんでいます。身に着けているだけできっとまわりのひとも楽しくなる、とっておきのアイテムです。<ぽんわり袖Tのおはなし>PBPプロジェクトのパートナーであるインドとみんなをTシャツでつなげる!がテーマのオーガニックコットンTシャツ。プリントしている文字は、オーガニックコットンを栽培している村や場所の名前です。テランガーナ州アジファバード地区のパナパタール村という、PBPコットン出身地。インドの遠くの村で今年もコットンはすくすく育ってくれています。うっかりしていると、ややボーイッシュになりすぎるTシャツは、旬なフェミニンムードのエッセンスを袖のあしらいに加えて女の子らしいデザインになっています! <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむビッグシルエットTシャツ<SBSロゴ> <その他>の商品写真

繊細ステッチで描き出されるスペシャルな刺繍ロゴトップス

インドガールズからの刺繍アイテム、第4弾のデビュー!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場です。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで見た風景の中でも特に印象的とお話ししていたのは道をゆっくりと歩きながら、畑ではたらいたり、村の一員として活動をしている牛さんたち。PBPのコットンを育てているインドの村の日常のやさしい風景をStitch by StitchガールズたちがStitch by Stitchのスペシャルロゴとともに描きました。<Tシャツのおはなし>いつでも手がのびてしまう、着心地のいいゆるシルエットのきれいな形をオーガニックコットン素材で作りました。haco!では毎回人気のワイドめシルエットに、今回はサイドスリットを入れて前後差のある丈にしたり、おっきめだけど、袖丈をちょっと短くしたり、すっきりバランスに見えるようこだわっています。シンプルでずっと使いたいものだからこそ、何を合わせても素敵に見えるポイントがたくさん詰まっています。  <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむビッグシルエットTシャツ<やぎ> <その他>の商品写真

インドガールズたちの人気者:愛らしいヤギさんたちが活き活きと

インドガールズからの刺繍アイテム、第4弾のデビュー!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場です。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで出会った時に特に愛らしいと話していたヤギさんたち。PBPのコットンを育てているインドの村には親子のヤギさんたちがお散歩していてインドガールズや綿の農家さんたちの人気者!Stitch by Stitchガールズたちがその表情をひと針ひと針、鮮やかな糸で描きました。お花を加えている子ヤギさんとその姿を見守っている親ヤギさんは着ているひとも優しいキモチになる1枚です。<Tシャツのおはなし>いつでも手がのびてしまう、着心地のいいゆるシルエットのきれいな形をオーガニックコットン素材で作りました。haco!では毎回人気のワイドめシルエットに、今回はサイドスリットを入れて前後差のある丈にしたり、おっきめだけど、袖丈をちょっと短くしたり、すっきりバランスに見えるようこだわっています。シンプルでずっと使いたいものだからこそ、何を合わせても素敵に見えるポイントがたくさん詰まっています。  <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむプルオーバーブラウス<SBSロゴ クリーム> <その他>の商品写真

繊細ステッチで描き出されるスペシャルな刺繍ロゴトップス

インドガールズからの刺繍アイテム、第4弾のデビュー!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場です。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで見た風景の中でも特に印象的とお話ししていたのは道をゆっくりと歩きながら、畑ではたらいたり、村の一員として活動をしている牛さんたち。PBPのコットンを育てているインドの村の日常のやさしい風景をStitch by StitchガールズたちがStitch by Stitchのスペシャルロゴとともに描きました。<プルオーバーブラウスのおはなし>広げるとよくわかる、四角いデザインのプルオーバーブラウス。すぽんと着るだけの簡単な作りですが、楽ちんなのに、実は綺麗に見えるこだわりがあるのです。首元は広めの開きにすることで、ファスナーやボタンなしですっきり着られるだけでなく、さり気なく女らしく見えます。四角いデザインは、着るとゆるりと落ちるので、身体を華奢に見せてくれ、袖に入ったタックはひらりと可愛げをプラスしてくれるだけでなく、二の腕をしっかり隠してくれて、ボリューム感との対比で腕をすっきり見せてくれます。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手の生地。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむチュニック:ピンクオレンジ<SBSロゴ> <その他>の商品写真

繊細ステッチで描き出されるスペシャルな刺繍ロゴトップス

インドガールズからの刺繍アイテム、第4弾のデビュー!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場です。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで見た風景の中でも特に印象的とお話ししていたのは道をゆっくりと歩きながら、畑ではたらいたり、村の一員として活動をしている牛さんたち。PBPのコットンを育てているインドの村の日常のやさしい風景をStitch by StitchガールズたちがStitch by Stitchのスペシャルロゴとともに描きました。<チュニックのおはなし>広げるとよくわかる、四角いデザインのプルオーバーブラウス。すぽんと着るだけの簡単な作りですが、楽ちんなのに、実は綺麗に見えるこだわりがあるのです。首元は広めの開きにすることで、ファスナーやボタンなしですっきり着られるだけでなく、さり気なく女らしく見えます。四角いデザインは、着るとゆるりと落ちるので、身体を華奢に見せてくれ、袖に入ったタックはひらりと可愛げをプラスしてくれるだけでなく、二の腕をしっかり隠してくれて、ボリューム感との対比で腕をすっきり見せてくれます。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手の生地。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむプルオーバーブラウス<SBSロゴ ブルー> <その他>の商品写真

繊細ステッチで描き出されるスペシャルな刺繍ロゴトップス

インドガールズからの刺繍アイテム、第4弾のデビュー!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場です。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで見た風景の中でも特に印象的とお話ししていたのは道をゆっくりと歩きながら、畑ではたらいたり、村の一員として活動をしている牛さんたち。PBPのコットンを育てているインドの村の日常のやさしい風景をStitch by StitchガールズたちがStitch by Stitchのスペシャルロゴとともに描きました。<プルオーバーブラウスのおはなし>広げるとよくわかる、四角いデザインのプルオーバーブラウス。すぽんと着るだけの簡単な作りですが、楽ちんなのに、実は綺麗に見えるこだわりがあるのです。首元は広めの開きにすることで、ファスナーやボタンなしですっきり着られるだけでなく、さり気なく女らしく見えます。四角いデザインは、着るとゆるりと落ちるので、身体を華奢に見せてくれ、袖に入ったタックはひらりと可愛げをプラスしてくれるだけでなく、二の腕をしっかり隠してくれて、ボリューム感との対比で腕をすっきり見せてくれます。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手の生地。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています

☆
haco! co&tion 二宮佐和子グレーワンピ【アーティスト監修10点もの】 <グレー>の商品写真

水面に映る カリブーと山々に思わずうっとり

<商品のおはなし>二宮さんの手刺繍作品を日本の刺繍やさんとお母さんたちが10点ものにリメイク。大人気のゆったりワンピースに二宮佐和子監修のダイナミックなカリブーと山々の刺繍。水面に映っている様子に思わずうっとり。人気のボリュームたっぷりのゆったりシルエットは、意外にも身体を華奢に見せてくれます。そして、なぜだかいつ着ても、何年経ってもオシャレに見える優秀なシルエットなのです。<作家さんのおはなし>二宮 佐和子 SAWAKO NINOMIYA:絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。企業やファッションブランドとのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェアに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。東京を拠点にしながらも、大阪、京都、淡路島、インド、ポートランドなど、活動の幅をグローバルに広げている。http://sawakopurega.tumblr.com<co&tion10点物について>haco!の商品に、アーティスト監修のもと1点ものをリプロダクト。縫い物や手仕事を特技とするお母さんたちが製作した10点もの。 作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かな作品をお楽しみください。

☆
haco! co&tion 二宮佐和子Unicorn&Crystal Coat【アーティスト監修10点もの】 <ブラック>の商品写真

UnicornとCrystalの刺繍で、クールに華やかに。

<商品のおはなし>二宮さんの手刺繍作品を日本の刺繍やさんとお母さんたちが10点ものにリメイク。Unicorn(ユニコーン)とCrystal(氷)のモチーフが、英国紳士風のチェスターフィールドコートを華やかにクールに彩ります。見た目よりも軽くてとあたたかさの秘密は表と裏の素材の間にフィルムをサンドし接着させた生地が風を通さないこと!鮮やかなカラーの裏生地は起毛しているのでさらにあたたかみがあります。ポケットと切り替えラインを合わせるなど、チェスターフィールドコートらしいすっきりクールな一着です。<作家さんのおはなし>二宮 佐和子 SAWAKO NINOMIYA:絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。企業やファッションブランドとのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェアに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。東京を拠点にしながらも、大阪、京都、淡路島、インド、ポートランドなど、活動の幅をグローバルに広げている。http://sawakopurega.tumblr.com <co&tion10点物について>haco!の商品に、アーティスト監修のもと1点ものをリプロダクト。縫い物や手仕事を特技とするお母さんたちが製作した10点もの。 作り手と使い手の想いがつながる、表情豊かな作品をお楽しみください。

☆
haco! 二宮佐和子さんコラボ  Where? Wear airplants 刺繍スウェット <アイボリー>の商品写真

刺繍アーティスト二宮佐和子さんが描くエアープランツたち

haco! Stitch by Stitchでインドガールズに刺繍を教えてくれている、刺繍アーティストの二宮佐和子さんとのスペシャルコラボレーションスウェットが登場です! <スペシャル刺繍>ぽんわりした袖デザインがかわいいスウェットトップスに、二宮佐和子さん監修の刺繍が施されたスペシャルスウェット。刺繍のテーマは【エアープランツ】。もふもふしたイメージをそのままに、贅沢に刺繍で描いています。手刺繍のようなふくらみを再現するために、香川県にあるタナベ刺繍さんという刺繍会社さんと共同で、試作を重ねこだわりぬきました!(詳しくは、【刺繍マイスターの共演】の記事をチェックくださいませ!) <デザイン>少しゆとりを持たせたサイズ感が女の子らしく、パンツにもスカートにも好相性◎。刺繍はフロント全面に散りばめられているので、色づかいが豊富でも案外着やすいのがポイントです。 <カラー>華やかな刺繍が映えるよう、ベースはベーシックカラーをセレクト。女の子らしいアイボリーと、大人カジュアルな印象になる杢グレーの2色展開です。

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA Mt.Everest ピアス <ブルー>の商品写真

両耳にそびえ立つ刺繍の山

二宮佐和子さんデザインの、エベレスト山脈をイメージして機械刺繍で作られたピアス。「山を持ち歩いて、いろんなところに出かけてほしい!」と二宮さん。白地にブルーとゴールドの糸で刺繍し、シャープでクールな印象です。

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA Where? Wear airplants オリジナル1点もの手刺繍ネイビースウェット <ネイビー>の商品写真

全ての始まりは、この一枚から

贅沢に刺繍が描かれた、一点もののスウェット。タナベ刺繍さんとのコラボ商品を作る前に、エアプランツの形、糸の密集具合、色の使い方などを吟味しながら、二宮佐和子さん自ら手刺繍した1点もの。全てはここからスタートしました。刺繍のテーマは【エアープランツ】。もふもふしたイメージをそのままに、贅沢に刺繍で描いています。これを発展させ、機械刺繍で再現したものがhaco!×SAWAKO NINOMIYA×タナベ刺繍コラボレーションの、「Where? Wear airplants 刺繍スウェット」となりました。

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA Where? Wear airplants オリジナル1点もの手刺繍ホワイトスウェット <ホワイト>の商品写真

原画となったスペシャルな一点もの

贅沢に刺繍が描かれた、一点もののスウェット。タナベ刺繍さんとのコラボ商品を作る前に、エアプランツの形、糸の密集具合、色の使い方などを吟味しながら、最終デザイン完成形として、二宮佐和子さん自ら手刺繍した1点ものです。刺繍のテーマは【エアープランツ】。もふもふしたイメージをそのままに、贅沢に刺繍で描いています。エアプランツの大きさや配置なども、実際の仕上がりをイメージしながら、全体的なバランスを整えて制作されいてます。これを基に、機械刺繍で再現したものがhaco!×SAWAKO NINOMIYA×タナベ刺繍コラボレーションの、「Where? Wear airplants 刺繍スウェット」となりました。

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむボーダーTシャツ<とり> <その他>の商品写真

人気のとりさんシリーズがボーダーTに!見ているだけでわくわくするインドガールズたちのカラフル手刺繍。

人気のとりさんシリーズがボーダーTになって登場!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」。<刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで出会ったカラフルな動物たちをもとに描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのはクジャクさんたち。カラフルなお花で彩られた羽を広げて、凛とした姿でたたずんでいます。身に着けているだけできっとまわりのひとも楽しくなる、とっておきのアイテムです。<ボーダーカットソーのおはなし>ゆらめく感じがチャーミングなAラインシルエットに、首もとがすっきり見えるボートネック。ボーダーのピッチにもさりげなくこだわった、着心地のいいトップスです。<Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。刺繍を学びはじめてから約2年。彼女たちの感性と創造力はどんどん広がっていっています!

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむチュニック:ピンクオレンジ<クジャク> <その他>の商品写真

背中にくぎづけ!インドレディーたちのカラフル手刺繍、クジャクさんが登場。

お待たせしました。第3弾の作品が、ついにやってきました!PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドガールズたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」。<刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんがインドで出会ったカラフルな動物たちをもとに描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのはクジャクさんたち。カラフルなお花で彩られた羽を広げて、凛とした姿でたたずんでいます。身に着けているだけできっとまわりのひとも楽しくなる、とっておきのアイテムです。<チュニックのおはなし>切りっぱなしの袖口は洗うほどにステッチ部分までほどけていくフリンジデザインに。バサッと大きめのTシャツみたいなシルエットは、ゆとりがあって涼しい上に、華奢に見せてくれる効果もあり、丈も長めなのでさり気なく体型カバーもしてくれます。胸元の刺しゅうとインド綿の良さを最大限に活かし、薄手の生地に施しました。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手生地。心地よい薄さで軽やかに風を通す素材は涼やかで気持ちいいですし、重ね着のポイントアイテムとしても使いやすい1枚です。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドガールズたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。刺繍を学びはじめてから約2年。彼女たちの感性と創造力はどんどん広がっていっています!

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA 山のポーチ <ホワイト系その他>の商品写真

力強くそびえたつ、凛とした山の姿

鮮やかな糸で描き出されたのは世界第2位の標高を誇る”K2”をモデルとした、三角ポーチ。凛と力強い姿は、机の上に置いていてもオブジェみたいで愛らしい。「山を持ち歩いて、いろんなところに出かけてほしい!」と二宮さん。プレゼントにも喜ばれそうな作品です。 二宮佐和子(にのみやさわこ):絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。 企業とのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェスティバルに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。2015年12月より、STITCH BY STITCH PROJECTの先生としてインドの女性たちへ刺繍を教え始める。 http://sawakopurega.tumblr.com/

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA 山のクラッチ <ホワイト系その他>の商品写真

力強くそびえたつ、凛とした山の姿

鮮やかな糸で描き出されたのは世界第2位の標高を誇る”K2”をモデルとした、三角クラッチバッグ。気軽に持ち歩けるクラッチは、手首に引っ掛けてブラブラ歩くとかわいい姿。凛と力強い姿は、一日の気持ちを高めてくれるパワーのある作品。「山を持ち歩いて、いろんなところに出かけてほしい!」と二宮さん。プレゼントにも喜ばれそうな作品です。 二宮佐和子(にのみやさわこ):絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。 企業とのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェスティバルに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。2015年12月より、STITCH BY STITCH PROJECTの先生としてインドの女性たちへ刺繍を教え始める。 http://sawakopurega.tumblr.com/

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA 動物たちのブローチ <ブラック>の商品写真

フワフワが心地よい おでかけブローチ

思わずなでてしまう、フワフワが心地よい動物たちのブローチ。<クロネコ、くま、うさぎ、プードル>の4つ動物たち。ファンシーすぎない表情が、大人っぽいお洋服にも自然になじむ、不思議で魅力的な作品。前に飛び出る立体的なブローチは胸元につけたり、バックにつけたりして一緒におでかけしてくださいね。インテリアがお好きなみなさんは壁に飾るのも、個性的なアイデア。玄関で動物たちがお出迎えしてくれるお部屋など、すてきな空間に。二宮佐和子(にのみやさわこ):絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。 企業とのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェスティバルに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。2015年12月より、STITCH BY STITCH PROJECTの先生としてインドの女性たちへ刺繍を教え始める。 http://sawakopurega.tumblr.com/

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA 赤い蝶の赤いワンピース <レッド>の商品写真

Red butterfly on Red one-piece

すべての蝶愛好家に向けて。赤色と蝶々の華やかな色彩から元気をもらえそうな力強いワンピース。糸のフリンジは、蝶が羽ばたいていったあとの軌跡をイメージして制作された作品です!鮮やかに彩られた胸元から本当に蝶々が飛び出してきそうな立体感。パーティーなどでドレスアップを楽しんでも、カジュアルにパンツと合わせてもステキなアイテム。二宮佐和子(にのみやさわこ):絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。 企業とのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェスティバルに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。2015年12月より、STITCH BY STITCH PROJECTの先生としてインドの女性たちへ刺繍を教え始める。 http://sawakopurega.tumblr.com/

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA White horse Parasol <その他>の商品写真

白パラソルにひろがる、うっとりする白馬

日傘として使っても、おうちでアート作品として飾っても。真っ白で新しい気持ちにしてくれる、白パラソルに白糸で描かれた、気持ちのよいパラソル作品。白馬の毛なみが上品ながらも力強さを語っています。日々を彩るインテリアとして、天井からつるしたり、広げて飾ったりもおすすめの心落ち着く作品です。二宮佐和子(にのみやさわこ):絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。 企業とのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェスティバルに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。2015年12月より、STITCH BY STITCH PROJECTの先生としてインドの女性たちへ刺繍を教え始める。 http://sawakopurega.tumblr.com/

☆
haco! てとひとて SAWAKO NINOMIYA 動物と花のスウェット(プードル&ネコ) <ホワイト>の商品写真

お花の彩られたおめかし動物たち。

2015年にインドに訪問した際、インドの女の子たちを思いながらデザインしたゾウさんとお花シリーズ。その姿があまりにもステキだったので、haco!のために、日本のかわいい動物バージョンを制作してくださりました。見ているだけで心にもお花が咲いたような気持ちになるスウェット。愛らしいながらもほどよくシュールなプードルとネコちゃんの表情に親近感。大人っぽくも可憐にもコーディネイトしてもらえる作品です。二宮佐和子(にのみやさわこ):絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺しする刺繍アーティスト。 企業とのコラボレーションによる商品やプロジェクト開発、アートフェスティバルに参加の他、ギャラリーやイベントで作品を発表、展示販売している。2015年12月より、STITCH BY STITCH PROJECTの先生としてインドの女性たちへ刺繍を教え始める。 http://sawakopurega.tumblr.com/

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむチュニック:ホワイト<ちょう> <その他>の商品写真

インドレディーたちの手刺繍がはばたく!鮮やかインディアンリーフバタフライ。

PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドレディーたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんが描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのは―インディアンリーフバタフライ。ナチュラルなホワイトの前身頃にインドの草木や花々をモチーフにした刺繍が入ったチュニック。その後ろ側にインドガールズによる手刺繍・インディアンリーフバタフライが力強くはばたいています。<チュニックのおはなし>切りっぱなしの袖口は洗うほどにステッチ部分までほどけていくフリンジデザインに。バサッと大きめのTシャツみたいなシルエットは、ゆとりがあって涼しい上に、華奢に見せてくれる効果もあり、丈も長めなのでさり気なく体型カバーもしてくれます。胸元の刺しゅうとインド綿の良さを最大限に活かし、薄手の生地に施しました。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手生地。心地よい薄さで軽やかに風を通す素材は涼やかで気持ちいいですし、重ね着のポイントアイテムとしても使いやすい1枚です。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドレディーたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむ切り替えプルオーバーブラウス<ちょう> <その他>の商品写真

インドレディーたちの手刺繍がはばたく!鮮やかインディアンリーフバタフライ。

PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドレディーたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんが描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのは―インディアンリーフバタフライ。ジャイプールから30キロメートルほど離れたバグルという都市の数ある伝統的なブロックプリント(木版版画)からアレンジしておこした、オリジナルのボタニカル柄。その前身頃センターにインパクトづよく羽ばたく、インドガールズ手刺繍によるちょうちょはまるで自然の中でヒラヒラ舞っているかのよう。<プルオーバーブラウスのおはなし>広げるとよくわかる、四角いデザインのプルオーバーブラウス。すぽんと着るだけの簡単な作りですが、楽ちんなのに、実は綺麗に見えるこだわりがあるのです。首元は広めの開きにすることで、ファスナーやボタンなしですっきり着られるだけでなく、さり気なく女らしく見えます。四角いデザインは、着るとゆるりと落ちるので、身体を華奢に見せてくれ、袖に入ったタックはひらりと可愛げをプラスしてくれるだけでなく、二の腕をしっかり隠してくれて、ボリューム感との対比で腕をすっきり見せてくれます。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手の生地。<Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドレディーたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむチュニック:ピンクオレンジ<ちょう> <その他>の商品写真

インドレディーたちの手刺繍がはばたく!鮮やかインディアンリーフバタフライ。

PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドレディーたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんが描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのは―インディアンリーフバタフライ。インドの「ジャイプール」というピンクの街をイメージしたピンクカラーの前身頃にインドの草木や花々をモチーフにした刺繍が入ったチュニック。その後ろ側にインドガールズによる手刺繍・インディアンリーフバタフライが力強くはばたいています。<チュニックのおはなし>切りっぱなしの袖口は洗うほどにステッチ部分までほどけていくフリンジデザインに。バサッと大きめのTシャツみたいなシルエットは、ゆとりがあって涼しい上に、華奢に見せてくれる効果もあり、丈も長めなのでさり気なく体型カバーもしてくれます。胸元の刺しゅうとインド綿の良さを最大限に活かし、薄手の生地に施しました。素材はインドで作られたオーガニックコットン100%のボイルという薄手生地。心地よい薄さで軽やかに風を通す素材は涼やかで気持ちいいですし、重ね着のポイントアイテムとしても使いやすい1枚です。 <Stitch by Stitchプロジェクトとは>PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドレディーたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。

☆
haco! Stitch by Stitch 刺しゅうを楽しむシャツ<ちょう&とり> <その他>の商品写真

インドレディーたちの手刺繍が鮮やかにはばたく!ちょうちょとくじゃくさん。

PBPプロジェクトのオーガニックコットンのお洋服に広がる、インドレディーたちの手刺繍「世界にひとつだけのアイテム」の登場。 <刺繍モチーフのおはなし>刺繍アーティスト二宮佐和子さんが描いたイラストに、インドのStitch by Stitchガールズたちがひと針ひと針、鮮やかな糸で描いたのは―インディアンリーフバタフライやクジャクたち。お好きなデザインを選んでくださいね!きりっとした表情のシャツに力強くちょうちょやとりがはばたいていきそうな、そんなパワーを感じる刺繍モチーフです。<シャツのおはなし>オーガニックコットンで作ったボタンダウンシャツ。淡いカラーのコットンガーゼ素材は着心地もよく、見た目にもさわやかです。すっきりとした少し細身のシルエットで、どんなアイテムともきちんと着こなせるベーシックな形に仕上げました。<Stitch by Stitchプロジェクトとは> PEACE BY PEACE COTTON プロジェクトで支援しているインドの綿農家の女性たちが、刺繍の技術を身に着け、彼女たち自身で新たな未来をつくっていけることを目指して2015年にスタート。インド・オリッサ州 LEBED(レベット)村でインドレディーたちは毎日のように刺繍を学んでいます。刺繍を教えるのは、刺繍アーティストの二宮佐和子さん。お手紙やメールをやり取りしながら針や糸の運びかたをしっかりと確実に身に着けていっています。

☆

haco!のアイテムを使ったコーデ
powered byWEAR