"MAKORI"の検索結果38アイテム

  • グリッド
  • リスト
haco! 背中のレースアップがポイントのオトナのためのデニムサロペットbyMAKORI <インディゴブルー>の商品写真

【お待たせしました!再入荷】ずっと欲しかったデニムサロペット、作っちゃいました。

オールインワンとかサロペットとか、心の中では好きなんだけど、年齢的にそろそろ厳しいのだろうか…どうだろうか…と思っていた今日このごろ。身体のラインを隠すタイプのつなぎではなく、いっそ身体をきれいに見せる大人っぽい物があればいいのではないか?と試行錯誤作っちゃいました。そうそう、こんなデニムサロペット欲しかったんです!! <デザイン>まずデニムの生地。色は、ダメージがアタリすぎていると大人っぽさがなくなるし、インディゴだと重くなりすぎるし、あまりムラがなくそして重くない柔らかめのデニム素材を選びました。上半身部分は、できるだけ華奢なデザインに。胸あてはできるだけ小さく、キャミソールのような感覚で着られるように。それと最大のポイントでもある背中のレースアップのデザインは、後ろ姿がきゅんとかわいい大人っぽさも加えてくれます。(そして可愛いだけではなく、自分で肩紐の長さを調節できる便利さあるんですよ。)ちょっぴりハイウエストの切り替えとワイドめなパンツにより脚長効果も抜群!スニーカーでもヒールでもあう、程よい太さにしました。 <着こなし>春先はボーダートップスとバレエパンプスでパリジェンヌっぽく。夏になればシンプルにTシャツとスポーツサンダルなかでさらっと着こなしたいなあ…。この1枚でモウソウが広がる、着こなしの軸にしたい1枚です。byMAKORI 

☆
haco! 【7点セット】スタッフMAKORIのHELLO!NY!ブロードウェイでミュージカル三昧&最新スポットへ行こう!セット <その他>の商品写真

昼も夜も、アクティブもよそゆきも!!”全方位的”にカバーしてくれる旅行最強セット

今年の連休はなんと最高「10連休」!!下手すると年末年始やお盆よりも長いじゃないか!と、半年以上前からテンションが上ったわたしは、アジアを飛び出す計画を立てました。ハワイでゆっくりもいいし、久しぶりのヨーロッパ?…色々考えて、最近めっきりハマっているミュージカルを本場で観たい!とニューヨークへ旅立つことにしました。(すべてモウソウデス。)ニューヨークは、流行も最先端の街。朝も昼も夜も出かけるところが多すぎる!!<SETITEMS>①洗える魅力!1枚で来て完成なきれいめワンピース ②絶対便利!ベーシックなニットアンサンブル(2点換算) ③コーデの幅が広がるオンナノコボーダートップス ④絶対便利2!黒のシンプル楽ちんボトムス ⑤軽くてポータブルなライトアウター ⑥街歩きに必須なツバ広ハット <Morning>ファーマーズマーケットに行って朝ごはんを食べるところから。よってスニーカースタイルで元気よく出発!! <Daytime>ブルックリンとかにそのままお買い物に行くんだろうなあ。日差しは間違いなく強そうだから帽子は忘れず。もしくはセントラルパークでゆったりしたり。都会のリゾートを満喫したい。<Night>夜はもちろんミュージカル鑑賞!!ブラックコーディネイトで大人っぽく。とはいえ、ナイトドレスを持っているわけではないから、手持ち服の中できれいめに仕上げる感じ。<Other>きっと機内は寒かったり、急な天候の変化などがあったりだろうから、薄手のアウターも完備。わたしの旅行の経験値を含めてぎゅぎゅっと必要最低限から、こんなアイテムがあれば!までを集結させた6アイテムのセットです。byMAKORI (あくまでもモウソウです。)

☆
haco! 季節の始まりに早く買って絶対後悔しない、立ち姿が美しいオトナのライナー付きトレンチコートbyMAKORI <ベージュ>の商品写真

寒くなり始めてからではもう遅い!?オオモノほど早く買って減価償却すべきなんです!!

今から夏のセールまっただ中だなんてとっくに知ってる。そして今からもっと暑くなることも知ってる。でも、あえて言いたい、ボーナスが出て一番懐に余裕があるのは今。だから今から2ヶ月感くらいしか着ることができない夏物を買うくらいなら、むこう数ヶ月楽しめる”コート”に目をつけるべし!なんです。それがオトナの賢い買い物。だって、百貨店でも、そういう賢い人向けなのか、先物買いようにセール品の横にもう秋物が登場しているでしょ??そう、オトナのオンナなら、セール品を買うみんなを尻目に、「一足お先にごきげんよう。」と言わんばかりに、”ちょっぴりいいコート”を買う優越感を味わいませんか? <コートとライナー>9月の秋はじめから楽しめるように、トレンチコートとボアのライナーのセットにしました。トレンチコートは、古着の軍モノをイメージして、それを女性らしく落とし込みました。こだわったのは、柔らかい生地と色目。ギリギリきれいめに見えるように、でもばさっと着て決まる形にするために、少しだけ柔らかい素材を選びました。長めの丈も重く見えない、そんなこだわりです。ライナーとして使うときは、内側をボアにしてあったかく。でももちろん、1枚でも楽しめる仕様に。横のスリットが遊び心と「着るだけでなんかおしゃれ!」となるデザインに仕上げました。 <着こなし>なんてたって少しだけ長めの丈。おすすめはベルトをきゅっとウエストで結んで、ちょっぴりブラウジングさせる着方。スカートでもパンツでも決まる長さですので、9月から4月までインを選ばず、迷ったら羽織っておけばOKなコートです。ボアは、デニムやワイドパンツでカジュアルに、あえてのワンピの上に羽織って着崩すも可愛いと思います。 <お値段>なんとかして、税抜き2万円に収まるようギリギリの値付けにこだわりました。ぜひ、今年のいや、3年コートとして着倒してください。3年も着たら、1年あたり1万円以下のお得なアウターですから!! byMAKORI

☆
haco! ボーダーはモテないなんて言わせない、こだわりぬいたオトナのボーダートップス by MAKORI <ブラック×ホワイト>の商品写真

目指したのは、自然体なのに美しい、そんなオトナのカジュアル

「モテたければボーダートップスを着るべからず」と誰かが言ってたようにも思いますが、30代以上の女子にとってボーダートップスは無くてはならないワードローブのひとつではないでしょうか。デニムに合わせたらマリン風だし、スカートに合わせたら程よくカジュアルダウンもしてくれる。気がつけば15年以上はお世話になっているアイテムだと思います。では、なぜボーダートップスが「モテない」と言われるのか。だって、フランス女優はボーダートップスをかっこよく、そしてかつ程よくセクシーに着こなしているではないか!! それはきっとボーダーに罪があるのではなく、サイズ感とシルエットとちょっとしたデザインなはず!ということで、”気軽さ”はそのままで女っぽく見える形にこだわってみました。 <こだわりの形>まずはシルエット感。コットン100%の素材はそのままで、着心地がきつく感じないギリギリの細見えにこだわりました。丈の長さはインしてももたつかない長さで。そしてデコルテ命の首もとは、Vと丸首両方着こなせる「前後2WAY仕様」に。丸首はちょっぴりボートネックっぽく、鎖骨がちょうど見える深さに。Vネックはインナーを着なくてもいいギリギリの深さ。Vネックが後ろに来た場合は、背中の開きが程よくセクシーです。 <こだわりの仕様>首もとは、パイピングか迷った結果、よりきれいめに見えるよう、内側にパイピングをたたく仕様にしました。より首まわりがスッキリ見えます。 <カラー>ホワイト×ネイビーの定番と、大人っぽいブラック×ホワイト、そして意外と何にでもあうグレー×ホワイトの3色展開です。

☆
haco! ダメージ感がかっこいいこだわりのオトナデニムスカートbyMAKORI <インディゴブルー>の商品写真

こなれ感とかっこよさと、そして少しの女らしさと。

基本的にデニムのロングスカートが好きです。季節を問わず着るけど特に春になるとデニムのスカートを履きたくなるんです。個人的には、タイトなインディゴから、薄いブルーのダメージ加工のものまでなんだかんだで数枚持っているなあ…。そんなMAKORIが「今欲しい要素」を全部注ぎ込んだ”個人的には究極のデニムスカート”を作りました。 <デザイン>デニムスカートはちょっぴり重くて、重心が下がって見えるのが玉にキズ。それを解消すべく思い切ったセンタースリットを入れました。深めに入れることで足さばきが楽なだけでなく大人っぽさも。またフロントとサイドの切り替えは、パンツをリメイクした感じを出して、古着っぽいこなれ感を演出しました。何よりも気に入ってるのは裾の加工。一回縫い付けてダメージをかけたものをほどいてさらに切りっぱなし感を出しています。これがあるのと無いのとでは本当にこだわり感がちがうんです!また、前側に入ったダーツもウエストきれいに見せるポイントに。 <着こなし>女っぽいニットとブーツでも、Tシャツとサンダルでも、スカートが決まっているので、どんなコーディネイトもかっこよく着こなせますよ!まずは革ジャンと合わせて楽しむ予定です。byMAKORI

☆
haco! カジュアルにならないトップスを選ばないオトナシルエットのワイドデニムパンツbyMAKORI <インディゴブルー>の商品写真

つまりは、どんなトップスもそれなりに大人っぽくしてくれるデニムパンツなんです。

さんざんデニムにお世話になってきて、いろんなデニムを履いてきて、そろそろお気に入りのデニムを何本かに絞りたい…。そんな中、絶対に欲しい1本は、”どんなトップスを着てもカジュアルになりすぎない、大人のこなれたデニム”です。 <デザイン>気分は激しいダメージよりも、きれいな色落ち具合、いわゆるブルーデニムなんだけどダサくない、絶妙な色落ち具合を目指しました。シルエットは腰回りはきゅっと細めに。足の部分はストンと落ちるワイドシルエット。スニーカーに合わせても脚が綺麗に見える、そんなシルエットを目指したストレートワイドデニムです。 <着こなし>最近のお気に入りは、レースの女っぽいブラウスとデニム×ローテクスニーカー。女っぽさとカジュアルの融合でデニムコーデを楽しみたい、そんな気分です。またはシンプルなニットと差し色のパンプスで思いっきり大人っぽく合わせるのもいいなあ。なんせ、シンプルな分使えるデニムなので、この先重宝するデニムとしてぜひ!byMAKORI

☆
haco! Vカッティングがきれいで素足も美しく魅せるバックストラップパンプスbyMAKORI <レッド>の商品写真

ちょっとヒールのきれいめパンプスが必要!なときにもツカエル心強いコできました。

最近めっきりスニーカーとフラットやらマニッシュシューズに甘えていたわたし。でも!今年の気分はどこかきれいめがカムバックしてきました。春になるしヌケ感のあるきれいめパンプスがほしい!でも、甘えていた足にも優しいヒールの高さと履き心地はキープ!というわがままな一足出来上がりました。イメージとしては、トレンチコートにボーダートップス、そしてデニムのパリジェンヌの足もとがきれいめなパンプスできゅっとしまっているイメージ。(笑) <デザイン>シャープなVカッティングがかっこよく女っぽく見せてくれる、バックストラップパンプスです。MAKORI的に、カッティングは深めが足の甲をよりきれいに見せてくれると信じているので、履き心地を調整しながらカッティングのシャープさはこだわりました。 <優しさ仕様>バックストラップは脱げやすくて困る!ということを防ぐため、ベルトタイプで調整できます。左右でちょっと足のサイズが違うから片方だけ脱げやすい~なんてときにも大丈夫。ヒールは華奢だけど歩きにくくない、絶妙なバランスのものを選びました。 <素材>マットなフェイクレザーは本革ぽい高級感のあるものをセレクト。フォーマルなときにも使えるブラックと、デニムやカーキとの相性が抜群の差し色のレッドの2色展開です。byMAKORI

☆
haco! Tシャツを女っぽく着こなせるオトナセットbyMAKORI <チャコールグレー>の商品写真

着るだけで完成する、大人っぽかっこいいTシャツスタイル

30代も半ばになると、なかなか夏にTシャツを1枚で着ることに抵抗を覚えたりします。かといって、重ね着が上手なわけでもなく…。とはいえ、夏にTシャツと言うアイテムを封印されちゃうと、なかなか着るものもなくなっちゃいますよね。ということで考えたのは「Tシャツと何かを組み合わせた”着るだけで完成する”セット」です。 <デザイン>■Tシャツ…もちろん1枚で着てもきれいなシルエットにこだわりました。やわらかい素材と細すぎないシルエット。肩幅、身幅、袖丈など着ぶくれしない丈感と幅感にこだわりつつ、首もとはバインダー仕上げにしてカジュアル過ぎない仕上がりに。色もホワイトとチャコ-ルグレーの使いやすい2色です。 ■セット…重ね着するなら好きなアイテムを!!ということで、あえてのただの色違いにおさまらない2種類を作っちゃいました。まずホワイトのTシャツに付けたのは「ビスチェ」。Tシャツがぐぐっと大人っぽくおしゃれに仕上がるアイテムです。サッシュベルトのように片方に通してぎゅぎゅっと巻いても、後ろ側で大きなリボンにしてもかわいいです。手持ちのシャツワンピの上から巻いたりしても使えます! チャコールグレーにはレースのキャミソール。あえてちょっぴり下着っぽい繊細なレースを選びました。肩ひもはギリギリの細さにしてできるかぎり華奢に。着るだけでTシャツが一気に女っぽく仕上がります。 <着こなし>ビスチェは、太めのサッシュベルトみたいな感覚で、意外とどんなアイテムにもハマりますよ。ストライプシャツや、白のシャツワンピにも合います!レースキャミもどんなカットソートップスとも相性良し!ボーダーのトップスを女っぽく見せたいときにオススメです。byMAKORI

☆
haco! カットソー感覚で着られる 洗えるオトナニットトップス by MAKORI <ライトグレー>の商品写真

夏のトップス=Tシャツとならない大人のためのトップスできました。

大人になるにつれて、Tシャツを1枚で着こなす自信、なくなっていませんか?30代半ばくらいから、Tシャツだけだとカジュアル過ぎて、かっこいい、かわいいより、だらしなさが目立つ気がします。かといって、真夏にシャツもなあ…。ということで、最近はじゃぶっと洗えるTシャツ感覚のニット素材があることを知り、Tシャツ気分なニットを作ってみました。〈デザイン〉昨シーズンも大好評だった、洗える大人のニットシリーズ。新作は、個性的なフォルムが新鮮。袖を通すと、丸みのあるシルエットの独特な表情が美しく、大人っぽ雰囲気のニットスタイルが完成する一枚です。首元に添うクルーネックと、首から肩にかけてやさしく覆う華奢見せのデザインが、凛としていて清楚な大人っぽさを感じさせます。一枚で着られる気軽さで、大人きれいな佇まいになる優れもの。なんといっても、お家の洗濯機で洗えるから、オンにオフに忙しい大人女子には、手放せなくなるニットです。 〈素材〉とても軽くて、さわやかな着心地のポリエステル&レーヨン素材。汗が気になる季節にも、気持ちよくニットを着ていただけるように、お家の洗濯機で洗える素材を選びました。ハイゲージの編み立ては、大人っぽく着たいニット編み地として、ちょうどいい感じです。 〈カラー〉毎日でも着てほしい太めピッチが大人っぽいボーダー(ブルー系その他)と、白でもアイボリーでも黒でもないライトグレーの2色です。パンツスタイルでもスカートでもなんでも合わせやすいデザインですので、がんがん着て楽しんでほしいです!byMAKORI

☆
haco! Vカッティングがきれいで素足も美しく魅せるバックストラップパンプスbyMAKORI <ブラック>の商品写真

ちょっとヒールのきれいめパンプスが必要!なときにもツカエル心強いコできました。

最近めっきりスニーカーとフラットやらマニッシュシューズに甘えていたわたし。でも!今年の気分はどこかきれいめがカムバックしてきました。春になるしヌケ感のあるきれいめパンプスがほしい!でも、甘えていた足にも優しいヒールの高さと履き心地はキープ!というわがままな一足出来上がりました。イメージとしては、トレンチコートにボーダートップス、そしてデニムのパリジェンヌの足もとがきれいめなパンプスできゅっとしまっているイメージ。(笑) <デザイン>シャープなVカッティングがかっこよく女っぽく見せてくれる、バックストラップパンプスです。MAKORI的に、カッティングは深めが足の甲をよりきれいに見せてくれると信じているので、履き心地を調整しながらカッティングのシャープさはこだわりました。 <優しさ仕様>バックストラップは脱げやすくて困る!ということを防ぐため、ベルトタイプで調整できます。左右でちょっと足のサイズが違うから片方だけ脱げやすい~なんてときにも大丈夫。ヒールは華奢だけど歩きにくくない、絶妙なバランスのものを選びました。 <素材>マットなフェイクレザーは本革ぽい高級感のあるものをセレクト。フォーマルなときにも使えるブラックと、デニムやカーキとの相性が抜群の差し色のレッドの2色展開です。byMAKORI

☆
haco! ボーダーはモテないなんて言わせない、こだわりぬいたオトナのボーダートップス by MAKORI <グレー系その他>の商品写真

目指したのは、自然体なのに美しい、そんなオトナのカジュアル

「モテたければボーダートップスを着るべからず」と誰かが言ってたようにも思いますが、30代以上の女子にとってボーダートップスは無くてはならないワードローブのひとつではないでしょうか。デニムに合わせたらマリン風だし、スカートに合わせたら程よくカジュアルダウンもしてくれる。気がつけば15年以上はお世話になっているアイテムだと思います。では、なぜボーダートップスが「モテない」と言われるのか。だって、フランス女優はボーダートップスをかっこよく、そしてかつ程よくセクシーに着こなしているではないか!! それはきっとボーダーに罪があるのではなく、サイズ感とシルエットとちょっとしたデザインなはず!ということで、”気軽さ”はそのままで女っぽく見える形にこだわってみました。 <こだわりの形>まずはシルエット感。コットン100%の素材はそのままで、着心地がきつく感じないギリギリの細見えにこだわりました。丈の長さはインしてももたつかない長さで。そしてデコルテ命の首もとは、Vと丸首両方着こなせる「前後2WAY仕様」に。丸首はちょっぴりボートネックっぽく、鎖骨がちょうど見える深さに。Vネックはインナーを着なくてもいいギリギリの深さ。Vネックが後ろに来た場合は、背中の開きが程よくセクシーです。 <こだわりの仕様>首もとは、パイピングか迷った結果、よりきれいめに見えるよう、内側にパイピングをたたく仕様にしました。より首まわりがスッキリ見えます。 <カラー>ホワイト×ネイビーの定番と、大人っぽいブラック×ホワイト、そして意外と何にでもあうグレー×ホワイトの3色展開です。

☆
haco! ボーダーはモテないなんて言わせない、こだわりぬいたオトナのボーダートップス by MAKORI <ホワイト×ネイビー>の商品写真

目指したのは、自然体なのに美しい、そんなオトナのカジュアル

「モテたければボーダートップスを着るべからず」と誰かが言ってたようにも思いますが、30代以上の女子にとってボーダートップスは無くてはならないワードローブのひとつではないでしょうか。デニムに合わせたらマリン風だし、スカートに合わせたら程よくカジュアルダウンもしてくれる。気がつけば15年以上はお世話になっているアイテムだと思います。では、なぜボーダートップスが「モテない」と言われるのか。だって、フランス女優はボーダートップスをかっこよく、そしてかつ程よくセクシーに着こなしているではないか!! それはきっとボーダーに罪があるのではなく、サイズ感とシルエットとちょっとしたデザインなはず!ということで、”気軽さ”はそのままで女っぽく見える形にこだわってみました。 <こだわりの形>まずはシルエット感。コットン100%の素材はそのままで、着心地がきつく感じないギリギリの細見えにこだわりました。丈の長さはインしてももたつかない長さで。そしてデコルテ命の首もとは、Vと丸首両方着こなせる「前後2WAY仕様」に。丸首はちょっぴりボートネックっぽく、鎖骨がちょうど見える深さに。Vネックはインナーを着なくてもいいギリギリの深さ。Vネックが後ろに来た場合は、背中の開きが程よくセクシーです。 <こだわりの仕様>首もとは、パイピングか迷った結果、よりきれいめに見えるよう、内側にパイピングをたたく仕様にしました。より首まわりがスッキリ見えます。 <カラー>ホワイト×ネイビーの定番と、大人っぽいブラック×ホワイト、そして意外と何にでもあうグレー×ホワイトの3色展開です。

☆
haco! カットソー感覚で着られる 洗えるオトナニットトップス by MAKORI <ブルー系その他>の商品写真

夏のトップス=Tシャツとならない大人のためのトップスできました。

大人になるにつれて、Tシャツを1枚で着こなす自信、なくなっていませんか?30代半ばくらいから、Tシャツだけだとカジュアル過ぎて、かっこいい、かわいいより、だらしなさが目立つ気がします。かといって、真夏にシャツもなあ…。ということで、最近はじゃぶっと洗えるTシャツ感覚のニット素材があることを知り、Tシャツ気分なニットを作ってみました。〈デザイン〉昨シーズンも大好評だった、洗える大人のニットシリーズ。新作は、個性的なフォルムが新鮮。袖を通すと、丸みのあるシルエットの独特な表情が美しく、大人っぽ雰囲気のニットスタイルが完成する一枚です。首元に添うクルーネックと、首から肩にかけてやさしく覆う華奢見せのデザインが、凛としていて清楚な大人っぽさを感じさせます。一枚で着られる気軽さで、大人きれいな佇まいになる優れもの。なんといっても、お家の洗濯機で洗えるから、オンにオフに忙しい大人女子には、手放せなくなるニットです。 〈素材〉とても軽くて、さわやかな着心地のポリエステル&レーヨン素材。汗が気になる季節にも、気持ちよくニットを着ていただけるように、お家の洗濯機で洗える素材を選びました。ハイゲージの編み立ては、大人っぽく着たいニット編み地として、ちょうどいい感じです。 〈カラー〉毎日でも着てほしい太めピッチが大人っぽいボーダー(ブルー系その他)と、白でもアイボリーでも黒でもないライトグレーの2色です。パンツスタイルでもスカートでもなんでも合わせやすいデザインですので、がんがん着て楽しんでほしいです!byMAKORI

☆
haco! Tシャツを女っぽく着こなせるオトナセットbyMAKORI <ホワイト>の商品写真

着るだけで完成する、大人っぽかっこいいTシャツスタイル

30代も半ばになると、なかなか夏にTシャツを1枚で着ることに抵抗を覚えたりします。かといって、重ね着が上手なわけでもなく…。とはいえ、夏にTシャツと言うアイテムを封印されちゃうと、なかなか着るものもなくなっちゃいますよね。ということで考えたのは「Tシャツと何かを組み合わせた”着るだけで完成する”セット」です。 <デザイン>■Tシャツ…もちろん1枚で着てもきれいなシルエットにこだわりました。やわらかい素材と細すぎないシルエット。肩幅、身幅、袖丈など着ぶくれしない丈感と幅感にこだわりつつ、首もとはバインダー仕上げにしてカジュアル過ぎない仕上がりに。色もホワイトとチャコ-ルグレーの使いやすい2色です。 ■セット…重ね着するなら好きなアイテムを!!ということで、あえてのただの色違いにおさまらない2種類を作っちゃいました。まずホワイトのTシャツに付けたのは「ビスチェ」。Tシャツがぐぐっと大人っぽくおしゃれに仕上がるアイテムです。サッシュベルトのように片方に通してぎゅぎゅっと巻いても、後ろ側で大きなリボンにしてもかわいいです。手持ちのシャツワンピの上から巻いたりしても使えます! チャコールグレーにはレースのキャミソール。あえてちょっぴり下着っぽい繊細なレースを選びました。肩ひもはギリギリの細さにしてできるかぎり華奢に。着るだけでTシャツが一気に女っぽく仕上がります。 <着こなし>ビスチェは、太めのサッシュベルトみたいな感覚で、意外とどんなアイテムにもハマりますよ。ストライプシャツや、白のシャツワンピにも合います!レースキャミもどんなカットソートップスとも相性良し!ボーダーのトップスを女っぽく見せたいときにオススメです。byMAKORI

☆
haco! 活躍間違いなしの洗えるきれいめオトナのカーディガントップス by MAKORI <ブラック>の商品写真

羽織るもよし、1枚で着るもよしな きれいめニットトップス

大人になると、夏にTシャツを1枚で着こなすのがちょっと心もとなくなってきました。かといってシャツ…だとちょっと違うんですよね。そこでちょうどいいのがサマーニットなのですが、プルオーバーの半袖ニットは真夏に着られないのでもったいない!そこで、前を閉じるとプルオーバーのように1枚で着られて、真夏は軽いカーディガンとして使える、活躍できる1枚を考えました。〈デザイン〉コンパクトなフォルムに無駄がない、羽織りものとしても使いやすいニットトップス。伸縮性があり、とてものびやかな着心地で、身体にほどよくきれいにフィットするシンプルなデザインは、すっきりとした大人っぽい印象になります。Vネックの開き加減は、ボタンを閉じればこれ1枚でも着られるバランスにしています。 〈素材〉やわらかさとシャリ感がほどよいバランスの綿&レーヨン素材。肌ざわりも気持ちいいリブ編みのニットです。汗が気になる季節にも気持ちよく着ていただけるよう、”お家の洗濯機で洗える”ことにこだわって選びました。 〈カラー〉どんなアイテムとも相性がよく、クールで涼しげなニットコーデが完成するブラックと、シンプルなコーディネートを華やかにしてくれる、爽やかで清涼感あふれる差し色のライムです。 〈着こなし〉オススメは白いフレアスカートで夏らしく爽やかに着こなしたり、首もとにパールなどを合わせて大人っぽく合わせてみてくださいね!byMAKORI

☆
haco! 活躍間違いなしの洗えるきれいめオトナのカーディガントップス by MAKORI <ライム>の商品写真

羽織るもよし、1枚で着るもよしな きれいめニットトップス

大人になると、夏にTシャツを1枚で着こなすのがちょっと心もとなくなってきました。かといってシャツ…だとちょっと違うんですよね。そこでちょうどいいのがサマーニットなのですが、プルオーバーの半袖ニットは真夏に着られないのでもったいない!そこで、前を閉じるとプルオーバーのように1枚で着られて、真夏は軽いカーディガンとして使える、活躍できる1枚を考えました。〈デザイン〉コンパクトなフォルムに無駄がない、羽織りものとしても使いやすいニットトップス。伸縮性があり、とてものびやかな着心地で、身体にほどよくきれいにフィットするシンプルなデザインは、すっきりとした大人っぽい印象になります。Vネックの開き加減は、ボタンを閉じればこれ1枚でも着られるバランスにしています。 〈素材〉やわらかさとシャリ感がほどよいバランスの綿&レーヨン素材。肌ざわりも気持ちいいリブ編みのニットです。汗が気になる季節にも気持ちよく着ていただけるよう、”お家の洗濯機で洗える”ことにこだわって選びました。 〈カラー〉どんなアイテムとも相性がよく、クールで涼しげなニットコーデが完成するブラックと、シンプルなコーディネートを華やかにしてくれる、爽やかで清涼感あふれる差し色のライムです。 〈着こなし〉オススメは白いフレアスカートで夏らしく爽やかに着こなしたり、首もとにパールなどを合わせて大人っぽく合わせてみてくださいね!byMAKORI

☆
haco! 気軽に羽織ってかっこよくキマるオトナっぽブルゾンbyMAKORI <ブラック>の商品写真

とりあえず、に便利な軽やかアウター

ロング丈のコートじゃなくて、でもジャケットでもなくて、ミリタリージャケットでもなくて…。ほどよいカジュアル感と大人っぽさ、そしてついでに今っぽさも取り入れた「春先に、とりあえず羽織ったらどんなコーデも大概OK」なアウター作りました。 <デザイン>東京オリンピックが近づいてきたからか、今年はちょっぴりスポーティーが気になるぞ。でも今更ジャージとかコーチジャケットはそのまま着るのはさすがに恥ずかしいなあ…。衿の感じや、裾をキュッと絞れる感じ、スナップボタン仕様など程よいメンズ感はそのまま残し、全体の印象は大人っぽく女っぽく仕上げました。ドロップショルダーや、サテン調の素材、部材は全て黒で目立たず。ポケットもフラップを出したりしまったりで玉ぶちにすることでよりきれいめに見えるようにしました。 <カラー>春先に黒?と思われるかもしれませんが、光沢のある素材なので重くなりません。 <着こなし>まだまだ冬の名残がある時期は、ゆったりシルエットなのでニットなどを着込んでもOK!夏が近づいてきたら、Tシャツの上に羽織るだけでカッコイイスタイリングの完成です。お気に入りは女っぽいコーデの上にラフに合わせるコーデや、派手なプリントTとデニムのカジュアルコーデにかっこよく羽織るそんなコーデです。もちろん、あえてのきれいめワイドパンツの上に合わせるギャップコーデもおすすめですよ!byMAKORI

☆
haco! はくだけで華やかなきれいシルエットの重ねタイトスカート by MAKORI <カーキ>の商品写真

凛とした美しさとちょっぴりの色気が同居する新スタンダードなスカート

〈デザイン〉大人カラーと繊細レースで、かっこよさと女っぽさのバランスが秀逸なスカートを作りました。タイトスカートと別添えのレースのペチコートを2枚重ねて着ると、脇スリットと裾から覗くレースが贅沢で、ほどよい甘さ加減の大人顔スカートになります。タイトスカートは一枚で着ていただくこともでき、すっきりシルエットのクールなスカートスタイルが完成します。2枚の組み合わせで着こなしのバリエーションも広がり、デイリーからちょっとしたパーティーまで楽しめてしまう、ちょっぴりオトクなスカートです。ウエストをすっきり見せてくれるハイウエストのタイトスカートは、ひざ下のオトナ丈。ハイウエストだから脚長見せ効果も期待できそう。 〈素材〉タイトスカートには、ほのかに起毛感を感じるマットな風合いの軽やかな素材。ペチコートには、贅沢にナイロンレースを約30㎝ほど付けています。レーシーな女っぽさと、マットな質感の落ち着いた大人っぽさが、甘さと辛さのほどよいバランスを生み出します。 〈カラー〉大人っぽと女っぽのバランスが際立つカーキ、ちょっとしたパーティにも使えるシックで上品なブラックの2色展開です。 〈着こなし〉ベースはシンプルなタイトスカートなので、スニーカーと合わせてカジュアルコーデもOKです。レースの女らしさとスニーカーのギャップも楽しんで。パンプスや女っぽトップスと合わせるとよそゆきにも。

☆
haco! はくだけで華やかなきれいシルエットの重ねタイトスカート by MAKORI <ブラック>の商品写真

凛とした美しさとちょっぴりの色気が同居する新スタンダードなスカート

〈デザイン〉大人カラーと繊細レースで、かっこよさと女っぽさのバランスが秀逸なスカートを作りました。タイトスカートと別添えのレースのペチコートを2枚重ねて着ると、脇スリットと裾から覗くレースが贅沢で、ほどよい甘さ加減の大人顔スカートになります。タイトスカートは一枚で着ていただくこともでき、すっきりシルエットのクールなスカートスタイルが完成します。2枚の組み合わせで着こなしのバリエーションも広がり、デイリーからちょっとしたパーティーまで楽しめてしまう、ちょっぴりオトクなスカートです。ウエストをすっきり見せてくれるハイウエストのタイトスカートは、ひざ下のオトナ丈。ハイウエストだから脚長見せ効果も期待できそう。 〈素材〉タイトスカートには、ほのかに起毛感を感じるマットな風合いの軽やかな素材。ペチコートには、贅沢にナイロンレースを約30㎝ほど付けています。レーシーな女っぽさと、マットな質感の落ち着いた大人っぽさが、甘さと辛さのほどよいバランスを生み出します。 〈カラー〉大人っぽと女っぽのバランスが際立つカーキ、ちょっとしたパーティにも使えるシックで上品なブラックの2色展開です。 〈着こなし〉ベースはシンプルなタイトスカートなので、スニーカーと合わせてカジュアルコーデもOKです。レースの女らしさとスニーカーのギャップも楽しんで。パンプスや女っぽトップスと合わせるとよそゆきにも。

☆
haco! 【限定入荷!!】BOLSISTA ライダースジャケット<シングル> <ライトグレー>の商品写真

セカンドライダースジャケットなら、グレーはいかが?

女性の中には”革ジャン”が少しハードで、着こなしが難しいイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?意外と慣れてみると、季節の変わり目のアウターとしてベンリだったり、コーディネイトをきゅっと引き締めてくれたり、流行りすたりもそんなにないものなので、1枚自分にあうものを買うと5年はゆうに着続けられる意外とコスパよいものだったりするんですが、なんせイメージが「ハード」なんですよね。もともとメンズから来ているものなので、カッコイイ!が前提なアイテムではあるんです。が、今回仕入れたこちらの革ジャンは、「某セレクトショップで一番人気の型」でもあり、「革ジャン初心者にこそ、おすすめしたい!フェミニンコーデもお任せ革ジャン」です。そんな革ジャンの新色が登場!ちょっぴり赤が混じった温かみのあるグレーは、今期オススメされたカラーの中から厳選して選んだ色。肌なじみがいいのと、デニムやプリントワンピなどできるだけ多様なアイテムに合う色をと思ってセレクトしました。 <デザイン>ハードだな、と思うデザインをできるだけ削り、シンプルな美しさを優先させました。ノーカラーにすることで、ジャケット感覚でより主張を減らしました。また、斜めに入れたファスナーとサイドからの切り替えがよりスッキリ見せます。ポケットもサイドの切替上に配置することで、無駄のないデザインに。大きめのドットボタンと胸のポケットがのっぺりしない工夫にもなっています。後ろには、きゅっと調節できるベルトもついており、ウエストラインをお好みのシルエットに調整することも可能です。 <素材>肌触りのよさと、着心地のやわらかさに定評のある、羊革にこだわりました。着ているうちに体になじむのでぜひ、育てていってください。 byMAKORI ※グレーの革の在庫がなくなりましたので、今回の入荷で販売終了とさせていただきます。

☆
haco! BOLSISTA スナップボタンのレザージャケット<シングル> <ブラック>の商品写真

別注しちゃいました。一目惚れした、”カッコイイ”なレザージャケット

みなさん、”革ジャン”はお持ちですか?女性が着るにはちょっぴりハードなイメージがある革ジャンですが、意外と慣れてみると、季節の変わり目のアウターとしてベンリだったり、コーディネイトをきゅっと引き締めてくれたり、流行りすたりもそんなにないものなので、1枚自分にあうものを買うと5年はゆうに着続けられる意外とコスパよいものだったりするんです。そんな革ジャンを作っているブランドさんと一緒に市場調査しているときに一目惚れした形をもとに別注アイテムを作ってもらっちゃいました! <デザイン>ブルゾンとライダースのいいとこ取りなジャケットです。フロントは身幅を太く、丈を短めにしたことでメンズっぽくなってしまいがちなブルゾンをかわいく。バックは腰回りに入ったタックが後ろ姿をもたつかせず、美シルエットに見せてくれる秘訣です。ガツンと下がったドロップショルダーもカジュアルにこなれて見えるポイントです。 <素材>肌触りのよさと、着心地のやわらかさに定評のある、羊革にこだわりました。着ているうちに体になじむのでぜひ、育てていってください。 <着こなし>意外となんでも合うブルゾン型です。オススメは明るめの色やプリントのワンピの上にラフに羽織ったり、タイトスカートなどで縦のラインを作って大人っぽく着こなしてください。思った以上の汎用性に驚くかも!? byMAKORI

☆
haco! カジュアルに合わせてもオンナっぽさを忘れないロングニットスカート by MAKORI <ブラウン>の商品写真

1枚持っていると絶対使える、ほどよいヒトクセなタイトスカート

毎年、ニットのタイトスカートをこよなく愛するMAKORI。今年も1枚新しいニットスカートが欲しいなあと探していたのですが、なかなか気にいる物がありません。ただのリブ+スリットのものはたくさんあるのですが、それだとお尻のラインが出すぎてちょっぴり恥ずかしい…。ほどよいタイト感と、ちょっぴりヒトクセ感で、シンプルだけど女っぽく使えるスカートを作ってみました。巻きスカート風にして動きを出したのがポイントです。 〈デザイン〉リブのラインが全体をすっきりと見せる大人っぽニットスカートは、ウエスト総ゴム仕様だから、ほっそりシルエットをキープしながらも実はとっても楽ちんなデザインです。巻きスカート風に見えるフロントパーツが動きに合わせて揺れ、タイトなデザインなのに身体のラインをカバーしてくれているようです。脇に添えたスリットで動きやすく、ロング丈でも使いやすい仕上がりです。スリットって楽なんだけど、一見女っぽいのが嬉しいですよね。 〈素材〉コットンとアクリルの5ゲージで編み立てたリブは、しっかりとしていて安心感がありボトムスにぴったりの編地です。伸縮性がある編地のおかげで、ニットの暖かさに包まれつつ、すっきりとした印象に見える女っぽいスタイリングが完成します。 〈カラー〉クールに使えるブラック、こっくりとした色みが大人なブラウンです。

☆
haco! カジュアルに合わせてもオンナっぽさを忘れないロングニットスカート by MAKORI <ブラック>の商品写真

1枚持っていると絶対使える、ほどよいヒトクセなタイトスカート

毎年、ニットのタイトスカートをこよなく愛するMAKORI。今年も1枚新しいニットスカートが欲しいなあと探していたのですが、なかなか気にいる物がありません。ただのリブ+スリットのものはたくさんあるのですが、それだとお尻のラインが出すぎてちょっぴり恥ずかしい…。ほどよいタイト感と、ちょっぴりヒトクセ感で、シンプルだけど女っぽく使えるスカートを作ってみました。巻きスカート風にして動きを出したのがポイントです。 〈デザイン〉リブのラインが全体をすっきりと見せる大人っぽニットスカートは、ウエスト総ゴム仕様だから、ほっそりシルエットをキープしながらも実はとっても楽ちんなデザインです。巻きスカート風に見えるフロントパーツが動きに合わせて揺れ、タイトなデザインなのに身体のラインをカバーしてくれているようです。脇に添えたスリットで動きやすく、ロング丈でも使いやすい仕上がりです。スリットって楽なんだけど、一見女っぽいのが嬉しいですよね。 〈素材〉コットンとアクリルの5ゲージで編み立てたリブは、しっかりとしていて安心感がありボトムスにぴったりの編地です。伸縮性がある編地のおかげで、ニットの暖かさに包まれつつ、すっきりとした印象に見える女っぽいスタイリングが完成します。 〈カラー〉クールに使えるブラック、こっくりとした色みが大人なブラウンです。

☆
haco! 楽ちんなのにきれいシルエットのオトナニットパンツ by MAKORI <ネイビー>の商品写真

履きやすいだけじゃない、今年っぽさもプラスできるニットパンツできました。

<気持ち>去年辺りからチラチラと見かけるニットパンツ。かわいいなあ~と思いつつも、なんかカジュアルすぎる気がしたり、物によっては安っぽかったり、オトナが履くにはなんだかなあという思いがありつつ、やっぱり気になるアイテムはありました。布帛のワイドパンツよりもちょっぴりこなれ感が出るのと、ニットオンニットでちょっぴりセットアップ風に見せれる面白さや、冬ならではのアイテムなのでぜひとも”オトナが履いてもかわいい、ニットパンツ“を作りたくなってしまいました。 <こだわりポイント>ニットパンツの懸念点としては、「体型を拾いすぎること」「部屋着っぽくなりそうな不安」が上げられると思います。その2つを解消するために、仕様はきちんとパンツの仕様にすることと、しっかりめなリブ素材にすることで膝やおしりなど必要以上に体型を拾わないことを気をつけました。 <カラー>絶対的に、ダークカラー!!ということで、こなれ感の出るチャコール杢グレーと、上品さの漂うダークネイビーの2色です。正直どちらもかわいいです。<着こなし>オススメはボトムスと同じ色のトップスと合わせて、セットアップ風に。足元はスニーカーでカジュアルにしてもいいし、ヒョウ柄パンプスやヒールのブーティーで大人っぽくするのももちろんかわいいです。byMAKORI

☆
haco! 楽ちんなのにきれいシルエットのオトナニットパンツ by MAKORI <チャコールグレー>の商品写真

履きやすいだけじゃない、今年っぽさもプラスできるニットパンツできました。

<気持ち>去年辺りからチラチラと見かけるニットパンツ。かわいいなあ~と思いつつも、なんかカジュアルすぎる気がしたり、物によっては安っぽかったり、オトナが履くにはなんだかなあという思いがありつつ、やっぱり気になるアイテムはありました。布帛のワイドパンツよりもちょっぴりこなれ感が出るのと、ニットオンニットでちょっぴりセットアップ風に見せれる面白さや、冬ならではのアイテムなのでぜひとも”オトナが履いてもかわいい、ニットパンツ“を作りたくなってしまいました。 <こだわりポイント>ニットパンツの懸念点としては、「体型を拾いすぎること」「部屋着っぽくなりそうな不安」が上げられると思います。その2つを解消するために、仕様はきちんとパンツの仕様にすることと、しっかりめなリブ素材にすることで膝やおしりなど必要以上に体型を拾わないことを気をつけました。 <カラー>絶対的に、ダークカラー!!ということで、こなれ感の出るチャコール杢グレーと、上品さの漂うダークネイビーの2色です。正直どちらもかわいいです。<着こなし>オススメはボトムスと同じ色のトップスと合わせて、セットアップ風に。足元はスニーカーでカジュアルにしてもいいし、ヒョウ柄パンプスやヒールのブーティーで大人っぽくするのももちろんかわいいです。byMAKORI

☆
haco! ふんわり具合にこだわったオトナのカシミヤ混ハイネックニット by MAKORI <ライトグレー>の商品写真

”防寒だけに見えない、女らしいハイネックニット”目指しました。

<素材>やわらかくて、軽くて、あったかくて、オマケにカシミヤとかウールとかなんか良さそうな素材が入ってる糸でニットを作りたいなあと思ったのがはじめ。でも、値段は7000円台までで押さえたい。そんな要望を各社にぶつけ、各社から糸を取り寄せたりして作ったのがこのニットです。(なんか偉そうだけど、本当にそんな感じ。)ちょっぴりだけど、ウールとカシミヤでなんとか混率10%を超え、レーヨンなども入りやわらかく。納得のいく肌触りになりました。 <シルエット>寒がりのため、個人的にハイネックが大好きなわたしは”防寒だけに見えない”、”女らしさ”、“華奢見せ”などをキーワードに作りました。年々気になるあごのラインが詰まって見えないハイネックの高さにすることで苦手な方も挑戦しやすくしました。華奢見せを狙った、ほどよい肩落ち具合と、ぽんわりした袖まわりときゅっと長めの手首のリブ。そして身体のラインをひろいすぎないよう、ハイゲージよりもちょっぴりあまい、7ゲージの編地にしました。 <カラー>何にでも合う明るめの杢グレーと、肌馴染みのよいやわらかなピンクベージュの2色です。 <着こなし>落ち感のあるワイドパンツはもちろん、タイトスカートとヒールでオフィス仕様にも、色味のあるロングスカートなど合わせるものを選ばない優秀ニットになること間違いなしです。byMAKORI

☆
haco! ふんわり具合にこだわったオトナのカシミヤ混ハイネックニット by MAKORI <ピンクベージュ>の商品写真

”防寒だけに見えない、女らしいハイネックニット”目指しました。

<素材>やわらかくて、軽くて、あったかくて、オマケにカシミヤとかウールとかなんか良さそうな素材が入ってる糸でニットを作りたいなあと思ったのがはじめ。でも、値段は7000円台までで押さえたい。そんな要望を各社にぶつけ、各社から糸を取り寄せたりして作ったのがこのニットです。(なんか偉そうだけど、本当にそんな感じ。)ちょっぴりだけど、ウールとカシミヤでなんとか混率10%を超え、レーヨンなども入りやわらかく。納得のいく肌触りになりました。 <シルエット>寒がりのため、個人的にハイネックが大好きなわたしは”防寒だけに見えない”、”女らしさ”、“華奢見せ”などをキーワードに作りました。年々気になるあごのラインが詰まって見えないハイネックの高さにすることで苦手な方も挑戦しやすくしました。華奢見せを狙った、ほどよい肩落ち具合と、ぽんわりした袖まわりときゅっと長めの手首のリブ。そして身体のラインをひろいすぎないよう、ハイゲージよりもちょっぴりあまい、7ゲージの編地にしました。 <カラー>何にでも合う明るめの杢グレーと、肌馴染みのよいやわらかなピンクベージュの2色です。 <着こなし>落ち感のあるワイドパンツはもちろん、タイトスカートとヒールでオフィス仕様にも、色味のあるロングスカートなど合わせるものを選ばない優秀ニットになること間違いなしです。byMAKORI

☆
haco! 美シルエットがうれしい着方自由のオトナリブニットカーディガン by MAKORI <チャコールグレー>の商品写真

かわいいよりも美しいをめざした、女っぽな3WAYカーディガン

<気持ち>季節の変わり目にどんなニットが欲しくて必要か…。結構真剣に考えて生まれたのがこのアイテムです。MAKORIの答えは、「秋の始まりから使えて、冬になったらアウターのインに着て、シーズンのつなぎのとりあえずではない主役級にもなれちゃうカーディガン」でした。(欲張り!!)そう、オトナが着てかっこよくて美しい、そんなニットカーディンガンです!! ローゲージのざっくりニットはもちろんかわいい。でも、アウターのインには使いにくい。じゃあ、ハイゲージの腰丈のカーディガンだと、着こなしの主役になるのは難しい。となると…、答えはこちら。ハイゲージのロングカーディガン、でも普通の編地ではなくリブにすることで表情がでて、ちょっぴり高級感も!!楽ちんニットよりもちょっぴり身体に沿う、リブ素材のロングカーディガンができました。そして、ガウン仕様ではなく、前開きのボタンにすることで、全部止めるとニットワンピースにもなっちゃうんです!しかも、このニットワンピ仕様は前後ともに着ることもできるという、まさかの3WAYです!!(う~ん欲張り!!!)ニットワンピの、どちらかというと”かわいらしい”イメージから”女っぽ&オトナっぽ”も叶えられちゃう1枚にしました。 <素材>体の線をきれいに見せたいし、肌触りの良い素材を作りたいし、と素材も貪欲に。1枚で着て頼りなくない厚みと、でもちょっとした落ち感はキープしたいやわらかさとを備えたこの糸に決定しました。リブのはしっこもできるだけヘタれにくい工夫をしました。  <着こなし>①ロングカーディガンとして気軽に使えるのがうれしい。アウターのインとしても使えるし、軽いので1枚持っておくと便利かも。②前ボタンで着るとちょっぴり深Vのニットワンピに。前のボタンが縦のラインにより細見え効果が。③後ろボタンにすると、ちょっぴりボートネックになる&後ろVが”実はセクシー”でいい感じに。 <カラー>黒に近い濃いめのチャコールグレーと、女らしさを感じるこっくりボルドーの2色展開です。byMAKORI

☆
haco! 美シルエットがうれしい着方自由のオトナリブニットカーディガン by MAKORI <ボルドー>の商品写真

かわいいよりも美しいをめざした、女っぽな3WAYカーディガン

<気持ち>季節の変わり目にどんなニットが欲しくて必要か…。結構真剣に考えて生まれたのがこのアイテムです。MAKORIの答えは、「秋の始まりから使えて、冬になったらアウターのインに着て、シーズンのつなぎのとりあえずではない主役級にもなれちゃうカーディガン」でした。(欲張り!!)そう、オトナが着てかっこよくて美しい、そんなニットカーディンガンです!! ローゲージのざっくりニットはもちろんかわいい。でも、アウターのインには使いにくい。じゃあ、ハイゲージの腰丈のカーディガンだと、着こなしの主役になるのは難しい。となると…、答えはこちら。ハイゲージのロングカーディガン、でも普通の編地ではなくリブにすることで表情がでて、ちょっぴり高級感も!!楽ちんニットよりもちょっぴり身体に沿う、リブ素材のロングカーディガンができました。そして、ガウン仕様ではなく、前開きのボタンにすることで、全部止めるとニットワンピースにもなっちゃうんです!しかも、このニットワンピ仕様は前後ともに着ることもできるという、まさかの3WAYです!!(う~ん欲張り!!!)ニットワンピの、どちらかというと”かわいらしい”イメージから”女っぽ&オトナっぽ”も叶えられちゃう1枚にしました。 <素材>体の線をきれいに見せたいし、肌触りの良い素材を作りたいし、と素材も貪欲に。1枚で着て頼りなくない厚みと、でもちょっとした落ち感はキープしたいやわらかさとを備えたこの糸に決定しました。リブのはしっこもできるだけヘタれにくい工夫をしました。  <着こなし>①ロングカーディガンとして気軽に使えるのがうれしい。アウターのインとしても使えるし、軽いので1枚持っておくと便利かも。②前ボタンで着るとちょっぴり深Vのニットワンピに。前のボタンが縦のラインにより細見え効果が。③後ろボタンにすると、ちょっぴりボートネックになる&後ろVが”実はセクシー”でいい感じに。 <カラー>黒に近い濃いめのチャコールグレーと、女らしさを感じるこっくりボルドーの2色展開です。byMAKORI

☆
haco! 着るだけでこなれた雰囲気になるオトナチェックブラウスbyMAKORI <パープル系その他>の商品写真

てろんとした素材が今の気分、前後すぽんと着られるオトナプルオーバー

季節の変わり目にちょっとこっくりした色の気軽に着られるブラウスがあるとうれしいな、と思って作ったブラウスです。Tシャツ感覚ですぽんと着たい、だから楽ちんだけど見え方はきれいに見えるもの、そんなこだわりは詰め込んで作りました。<素材>苦労したのは柄と素材選び。パープル系のてろんとした素材を探していたのですが、なかなか今年っぽいかつ、着やすいものが見当たらず、見た生地は数十種類を超えたのではないでしょうか。その中から、薄すぎずほどよい落ち感があり、かつ使いやすいものを厳選したのがこちらです。<デザイン>サイドのラウンドしたスリットや、ほどよい肩落ちシルエットが、カジュアルにならない秘訣です。<着こなし>デコルテがきれいに見えるVネックと、ちょっぴりボートネックっぽいネック側前後着られるデザインにしました。気分に合わせて着てくださいね。おんなじ素材で作ったパンツとセットアップで着るとちょっぴりモードに。黒のワイドパンツなどと合わせると大人っぽく、オフィスでも使えそうです。レースなどの異素材スカートと合わせてもちょっぴりいい女風。意外と使いやすいので、Tシャツ感覚で遊んでみてくださいね。byMAKORI

☆

haco!のアイテムを使ったコーデ
powered byWEAR